胸キュンセリフで女性の心をわしづかみにした横浜流星

写真拡大

FNS27時間フェス!「番組対抗 スカッとジャパンSP」で放送された、人気企画「胸キュンスカッと 夏祭りは大好きな人と」に若手俳優の横浜流星が出演。ラストシーンは生放送で行われ、横浜の胸キュン演技に絶賛の声が集まった。 “国民投票フェス”では203万6251スカッとを獲得し、1位に輝いた。

【写真を見る】前髪を上げ浴衣姿の横浜流星。大友花恋とは3年ぶりの共演/横浜流星ブログより

横浜流星演じる高校生・竹下俊は、クラスメート・奈々(大友花恋)に思いを寄せていた。しかし、奈々には他に思いを寄せるバレー部の先輩が…。奈々の恋を応援する俊だが、先輩の本性を知ってしまう。俊は、先輩の胸ぐらをつかみ「好きな女を傷つけられたら、俺、何するかわかんないですよ」と奈々を守る。自分の本当に気持ちに気づいた奈々は、俊と夏祭りへ行く、というストーリー。

ラストの夏祭りのシーンは生放送で行われた。ナオト・インティライミの生歌など、凝った演出も。浴衣姿の横浜流星が「もう1回言うけど、これで俺のこと好きにならないなんてないっしょ?」と言うと、指原莉乃、千秋らスタジオの女性陣から悲鳴が! 「これが1位にならないと何が1位になるの?」「生の臨場感がすごかった!」などの声が上がった。生ドラマを終えた横浜流星は「本当にすっごく緊張したんですけど、楽しくできたのでよかったです」と笑顔を見せた。また、放送後に横浜は公式ブログを更新し、大友花恋との3年ぶりの共演への思いやオフショットを公開した。「あの2人のその後の関係が気になるな〜。この話を見て恋をしたくなってくれたらうれしいです!」と綴った。