写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは7月25日、2015年の国内仮想化ソフトウェア市場規模実績と2020年までの予測を発表した。これによると、2015年の国内バーチャルマシン(VM)/クラウドシステムソフトウェア市場規模は、前年比5.7%増の552億9900万円、2015年〜2020年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は6.0%、2020年は741億円と予測している。また、2015年の国内バーチャルクライアントコンピューティング市場規模は、同3.7%増の236億7000万円、2015年〜2020年のCAGRは6.8%、2020年は329億円になると見込んでいる。

国内バーチャルマシン/クラウドシステムソフトウェア市場はIDCが国内で調査を開始した2005年から2014年までの10年間2桁の前年比成長率を続けていた。10年間連続二桁成長自体、ソフトウェア市場の中では他に例を見ないことだったが、2015年は市場の成長が減速した。

一般にハイパーバイザーと呼ばれているバーチャルマシンソフトウェアによるサーバ仮想化は、すでに多くの企業で導入されサーバインフラの標準となっているほか、デスクトップ仮想化におけるインフラとしての役目も果たしており、仮想基盤の構築に対する投資が一巡したと分析。2016年以降、仮想基盤の更新や拡張に対する需要を中心に前年比成長率は一桁後半を続けていくと想定している。

また、当該市場にはOpenStackやDockerに代表されるクラウドシステムソフトウェアが含まれている。2015年時点の規模は小さい状況だが、徐々に本番環境での導入事例もあり、2016年以降は市場成長の主要因になるという。

クライアント仮想化ソフトウェアである国内バーチャルクライアントコンピューティング市場も、2015年は1桁の前年比成長率となった。長らく市場を支えているプレゼンテーション仮想化の導入が伸び悩み、さらにシンプルなシステム構成によって使用されるソフトウェアの売上単価も下落傾向にある。

デスクトップ仮想化は高い成長が続いているが、大型案件の減少やDaaS(Desktop as a Service)の台頭で成長は鈍化傾向にある。2016年以降もクライアント仮想化の普及が進み、市場は堅調な成長を続けるものの、バーチャルクライアントコンピューティングシステムの集約化、DaaSやサブスクリプションモデルへのシフトが市場成長の抑制要因になることにも注意しておく必要があるという。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの入谷光浩氏は「仮想化ソフトウェア市場の成長が落ち着いてきたということは、ユーザー企業のデータセンターにおいて仮想基盤がしっかり形成されたことの表れでもある。次のステップは仮想基盤にコントロール機能を付加したクラウドネイティブシステムへの拡張となる。ソリューションベンダーはOpenStackやDockerなどのクラウドシステムソフトウェアを活用したソリューションを主軸にすべき時期に来ている」と述べている。

(岩井 健太)