■極私的! 月報・青学陸上部 第5回

 7月9日、世田谷長距離記録会。この記録会がトラックシーズン、そして上半期の締めになる。青山学院大学陸上部は40名の選手がエントリーしていた。

 午前中は雨足が強かったが午後に上がり、薄日が差してきた。湿度も暑気もそれほどではない。夏の記録会にしては悪くないコンディションだ。

 陸上部はこの記録会に向けて3日前、相模原キャンパスのグラウンドでポイント練習を実施した。まず2000mを走り、少しインターバルを置いて1000mを走る。早めのタイムを設定し、負荷をかける練習だ。5、6人を1グループにして、数組に分かれて7秒間隔でスタートする。

「400、67秒5!」

 敏腕マネージャーの小関一輝らが1グル−プに1人ずつタイム計測につき、400mごとのラップタイムを大きな声で伝えていく。

 しかし、記録会にエントリーしているのにポイント練習から離れている選手もいた。3年生で主力の下田裕太は軽くジョグをしただけだった。「転(こ)けて、膝を痛めたんで」と、バツの悪そうな表情を見せ、サッと上がった。中村祐紀(3年)もジョイント練習はせず、グラウンドを出て、校内を軽く走っていた。

 この時期、部内にはいろんな状態の選手がいる。調子を上げてくる選手もいるが、故障明けの選手やある箇所に違和感を覚えている選手、春から調子が上がらずに、もがき苦しんでいる選手もいる。はっきりしているのは、みなタ−ゲットを8月の夏合宿に置いているということだ。お盆を挟んで2回の夏合宿があるが、ここで故障でもないのに走れなくなったり、あるいは"違い"を見せられないと秋の駅伝シーズンに襷(たすき)を掛けて走ることが難しくなる。そのために故障など不安を抱えている選手は決して無理はしないのだ。

 記録会は5000mが1組からスタートし、青学では13組の小野塚久弥(2年)が先陣を切った。つづく14組では石川優作(3年)が14分44秒99で4位に入り、シーズンベストを更新した。稲村健太(3年)は1週目から遅れ、最後は「ハァーハァー」と喘ぎながら36位でゴールした。そのフォームは故障したのだろう、明らかに異質だった。

 走り終わると各組の選手たちが揃って、原晋監督のもとへタイムと順位を報告に来る。原監督はマネージャーから順位の報(しら)せを受け取っているが、「どうだった」と必ず全員に話を聞き、反応を見る。現状と合わせて、1年生以外は昨年からのこの時期までの流れを把握しているので、タイムの比較だけではなく、選手としてどのくらい成長しているかを判断するのだ。

 次のレースまでの空き時間だった。

「監督、お話があります」

 さっきレースを終えた稲村が神妙な表情で原監督の前に立った。

「自分は選手をやめて、マネージャーになりたいと思います......」。稲村は緊張した声でそう言った。

 箱根を目指す選手にとっては、3年生の夏合宿前が現役続行か否かの最終的な分岐点になる。小関マネージャーがそうだったように設定タイムをクリアできなければ、ケジメをつけなければならないのだ。話を聞いていると稲村は、この世田谷記録会がラストチャンスと決めていたようだ。

 しかし、稲村の申し出を原監督は、すんなりと受け入れはしなかった。

「おまえ、そういう考えじゃマネージャーになってもええ仕事できんぞ」

 聞こえてきたのは原監督の怒気を含んだ声だった。稲村はレースで故障をしたので帰りは部の送迎車で帰りたい、難しいならタクシーで帰りたいということだった。原監督は仲間だから故障しているのであれば乗せる。だが、稲村が乗ることで1人の主力選手が乗れなくなってしまう。故障したから当り前に乗れるとか、金さえ払えばいいのではなく、譲ってくれた仲間への感謝の気持ちが見えなかったのが原監督は我慢ならなかったのだ。

 そうした自分本位な考えでマネージャーをやってもうまくいかないのは、これまで多くの学生を見てきた原監督にとっては容易に判断できることだった。

「誰でも最初は裏方に回るのは抵抗があるんです。その時は嫌でも最終的に裏方で輝く子もいる。卒業して社会に出て行ったら、あの時、マネージャーになって良かったってなるんです。そういう輝くステージを私が用意してあげることも重要なことなんですよ。

 ただ、いいマネージャーになるには、自分本位じゃダメだよ。本質的なところで考えが間違っていたら怒る。そこを直さないと違う事象で、また同じ間違いを繰り返すことになる。それじゃ成長しないし、失敗ばっかりして社会でも嫌われ者になってしまうんでね」

 原監督は厳しい表情で、そう言った。

 叱責を受けた稲村はしばらく公園内のベンチに座り、ぼんやりしていた。選手生命を自ら断った寂しさか、それとも原監督の言葉を心の中で反芻していたのか。いずれにしても夏合宿でマネージャーデビューとなる稲村がどのように成長するのか。ひとつ楽しみが増えた。

 日が落ちたグラウンドは涼しく、心地よいコンディションになった。そのせいか、シーズンベストや自己ベストを記録する選手が続出した。

 21組で走ったキャプテン安藤悠哉(4年)は14分12秒68で1位になり、シーズンベストを更新した。また、23組(最終組)で走った秋山雄飛(4年)も14分07秒85でシーズンベストを出した。

 2人とも今シーズンは、ケガや不調などで自分らしい走りができずに苦しんでいた。エース一色恭志以外、彼らを含め4年生全体は今ひとつ調子が上がらなかった。全日本選手権前には原監督から「4年がちょっとだらしない」と喝を入れられた。

「今の4年生は史上最強といわれた前の4年生と違って、まだ築き上げたものがないし、スパイスが足りない。なんか個人としてガッと立つ感じじゃないんだよね。自分たちが何かを築き上げるんだという断固たる気持ちを持って、自分が主人公になるためにはどうあるべきか。それをしっかり考えないといけない」

 そうした原監督の声に応えたのだろうか。あるいはこれまで上がらなかったコンディションが回復したのだろうか。いずれにせよ、4年生が徐々に調子を取り戻してきたのは非常に大きい。やはり最上級生が元気でなければチ−ムは盛り上がらないのだ。

 その4年生の中で、圧巻の走りを見せたのが茂木亮太(4年)だった。主力が多い最終組でのスタ−トだったが、ラスト200mでスパートをかけ、好調の梶谷瑠哉(2年)、田村和希(3年)を抜き、13分53秒46で1位。5月の世田谷記録会に続いて13分台を出し、またも自己ベストを更新した。端正な顔立ちの茂木がホッとしたのか相好を崩した。

「ようやく5000mで結果を出せて、本当にうれしかったです」

 これまで原監督には厳しいことを言われてきたようだが、ようやく意地を見せた感じだ。

「監督の中の僕はインカレで1500mに出ていたように、中距離のトラックランナーというイメ−ジがあると思うんです。しかも、『おまえは練習すると、すぐに故障するな』と言われていたんです。

 実際、過去3年間は故障が多くて、ケガなく夏合宿に入れたことが一度もなかった。それが悔しくて今年は絶対に夏合宿まで故障しない、その思いでここまでやってきたんです。自己ベストを連続で更新できたのはすごく大きいです。1年の時、1500mをやっているのだからスピ−ドがあるし、5000mはすぐに13分台出せるんじゃないって言われていたんです。でも、なかなか伸びなくて4年になってようやく出せた。それはやはり故障がなかったのが大きいと思います」

 故障が多かったのは自分の練習の限界点がわからず、ついついやりすぎてしまったからだ。しかも、体のケアも若干面倒で"ふつう"にしかやらなかった。その結果、故障が続いたのだ。だが、4年になって自分の練習量を知り、練習後のケアを人の2、3倍時間をかけてやることで故障が減った。

「ここまで自分のイメージ通り。夏合宿は強くなるためのものですが、そのための準備は4年間で一番できています」

 茂木が目指すのは、もちろん箱根駅伝だ。昨年は10区でアンカーとして走る予定だったが直前に渡邊利典へ変更になった。同学年の一色が2区で、秋山が3区でいい走りをしていたので、自分もという気持ちが強かったが、悔しさを噛みしめて先輩を応援した。

「僕には実績もなかったですし、夏合宿も故障で詰め切れていなかった。悔しいですけど、先輩(渡邊)の力が勝っていました。

 今年はアンカーもいいのですが、目標は1区です。独走を求められるタイプではないですし、トップに離れないで食らい付いていくのが自分の持ち味だと思うんで。そうして2区の一色にうまくつなぎたい。そのためにも5000mでは一色を倒すぐらいの気持ちで取り組んでいかないと。それが実現できればチーム力の底上げになるし、優勝にもつながると思います。とにかく1区を走るためにも、故障しないように最後のシーズンやり遂げたいです」

 茂木がそう話し終えると、ちょうどタイミングよく安藤キャプテンの「集合」の声がかかった。原監督を軸に大きな輪ができた。

「これで一区切りしたので、次は夏合宿。1年生は上級生にこうしたことが行なわれるというのを部屋でレクチャーを受けること。それを頭に入れて合宿で体に落とし込んでいきます。

 これから夏合宿までの間も非常に重要です。記録会も何もないから、腹筋、背筋、青トレだけやっていればいいということだけじゃ、秋にいい記録は出ません。夏合宿から走るんじゃなく、夏合宿の準備を今からしないといけない。走るベースと流れをしっかりと作ってやっていきましょう。

 今日は自己ベストが5人かな。いいレースができたと思います。お疲れさまでした」

「した〜」

 全選手が礼をして、解散した。原監督がいうように夏合宿前の最後の記録会でシーズンベストが8人、自己ベスト更新が5人も出た。

「まぁ、上半期の締めとしては上々でしょう」

 原監督はにこやかな笑顔を浮かべて、そう言った。その表情は今この時点で、これだけ走れていれば秋はもっとよくなる、という手応えと自信に満ちていた。

 いよいよ、8月3日から陸上部部員全員参加の夏季強化合宿が始まる。それは10月の出雲駅伝に向けて、暑い夏のサバイバルレースがスタートすることを意味する。

(つづく)

佐藤 俊●文 text by Sato Shun