日本無線は、GPS付き二輪車用ETC2.0車載器の新製品「JRM-21シリーズ」を2016年7月28日より発売すると発表しました。

1

「JRM-21シリーズ」はETC2.0サービスに必要なGPSセンサーを内蔵した二輪車用ETC2.0 車載器。

同社従来品より防水性能が向上させて防水等級IP67をクリアし、より安心して使用できる製品になっています。

ETC車載器のメリットは四輪車よりも二輪車の方が大きいはずです。なぜなら、バイク・ライダーは分厚いグローブをはめている場合が多く、ETCを利用できない場合は、料金所でグローブを外して、サイフを取り出し、現金を支払って、再度グローブをはめるという面倒な動作が必要になるからです。

本新製品は次のような特徴を備えています。

1.ETC2.0に対応

「JRM-21シリーズ」はETC2.0 に対応しており、ETC2.0サービスを利用すれば圏央道の料金水準がETCに比べて約2割引となります。さらに今後も、ETC2.0サービスは増える見込みです。

 

2.自社製受信機を搭載

「JRM-21シリーズ」には、ETC車載器の心臓部であるGPS受信機に自社製の受信機を搭載しており、その信頼性には定評があります。

日本無線の車載用GPS受信機は世界で初めてGPS カーナビゲーションシステムに採用されて以来、その高い信頼性が評価されて数多くのメーカーに採用されています。

3.コンパクトなアンテナ

ETCアンテナとGPSアンテナをコンパクトに一体化したシンプルなデザインを実現。ハンドル周りにアンテナを装着してもオートバイの外観を損ないません。

4.製品全体に防水・防塵性能を付与

「JRM-21シリーズ」ではアンテナ・インジケータはもちろんのこと、本体もIP67の防水・防塵性能を実現しており、雨・洗車でも安心です。近年のゲリラ豪雨に対しても防水性を保つことができます。

 

5.雨の日でもカードの抜き差しができる

「JRM-21シリーズ」には、水に濡れても壊れない専用ICカードコネクタを採用しており、雨の中でカードを抜き差ししても浸水するおそれがありません。

6.安心のフルシールド・ハウジング構造

従来品に引き続き、フルシールド・ハウジング構造を採用。さらにバックル部分を大型化し、二輪用の厚手グローブをしたままでも開閉しやすい構造になっており、グローブを外さずに操作できます。

7.二輪車用の耐震設計

振動が多いオートバイに取り付けても、故障しにくい高い振動スペックの振動加速度試験20Gをクリアしており、振動に強い二輪車専用の耐振設計が施されています。

価格は取付・セットアップ費用別で23,800円(税抜き)。あなたのバイクにもETC車載器を取り付けて、快適なツーリングを楽しんでください。

(山内 博・画像:日本無線)

防水性に優れたGPS付き二輪車用ETC2.0車載器が日本無線から発売(http://clicccar.com/2016/07/25/386731/)