24日、とある「ポケモンGO」ユーザーがTwitterに投稿した画像が、大きな反響を呼んでいる。

ユーザーは「ちょい田舎民に起こった奇跡と悲劇です」との文言とともに、「ポケモンGO」画面と思しきキャプチャーを投稿している。
画面には、出現率が低いカイリューの姿がある。ところがユーザーは2枚目の画像で、「ボールがありません」と表示されていることを紹介している。

「ポケモンGO」ではこれまでのシリーズと同様、ポケモンを捕獲するのに「モンスターボール」が必要だ。「ポケモンGO」での「モンスターボール」は課金によって入手できるが、特定の場所に設けられている「ポケストップ」に行けば無料で手に入る。

その「ポケストップ」の数に、都市と地方で「格差」があることはすでにささやかれていた。
このユーザーは「ポケストップ」の多くなく、「モンスターボール」が補充しづらい地域在住者のようで、レアポケモンのカイリュウに遭遇した「奇跡」とともに、それを捕獲できない「悲劇」を味わったようだ。このツイートは、25日14時の時点で1万件以上のリツイートと、7000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題になっている。

なお「ポケストップ」の場所は、「ポケモンGO」を開発した米Niantic社がリリースしたスマホ向けゲーム「Ingress」(2013年)において、ユーザーが申請した「ポータル」の場所が元となっている。

【関連記事】
古市憲寿氏 「ポケモンGO」が事件の原因という見解に反論
明石家さんま 「27時間テレビ」で突然の「ポケモン」NGに平謝り
夏野剛氏 お遍路の参拝客に暴行を働いた住職を擁護 「困難があるから修行」