WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 全英オープンの長い歴史の中で、「デュアル・イン・ザ・サン(白昼の決闘)」と呼ばれる戦いがある。

 ターンベリー(スコットランド)で開催された1977年大会、3日目を終えてジャック・ニクラウスとトム・ワトソンが、後続を大きく引き離して同スコアでトップに立った。迎えた最終日、ふたりの一騎打ちは、ワトソンが「65」、ニクラウスが「66」で回り、ワトソンが1打差で勝利した。その壮絶かつ白熱した戦いを称して、そう呼ばれた。

 そのターンベリーから、わずか30kmというロイヤル・トゥルーンで開催された今年の全英オープンも、凄まじい戦いが繰り広げられた。ヘンリク・ステンソン(40歳/スウェーデン)とフィル・ミケルソン(46歳/アメリカ)が、難コースに苦しむ他の選手たちを尻目に別次元のバーディー合戦を披露。ふたりの攻防によって目まぐるしくリーダーが入れ替わり、一瞬たりとも目が離せない展開となった。

 そして最終的には、ミケルソンがボギーなしの「65」という好スコアでフィニッシュしたものの、それを上回る「63」をマークしたステンソンがミケルソンに3打差をつけ、ついにメジャー初勝利を挙げた。

「私たちの1977年の戦いは素晴らしいマッチだった。しかし、ヘンリク(ステンソン)とフィル(ミケルソン)の戦いはもっと素晴らしかった」

 試合後、そう感嘆のコメントを発したのは、1977年の"デュアル・イン・ザ・サン"の当事者であるニクラウスだ。

「フィルは、何も恥ずべきところはない。彼は素晴らしいプレーをした。ただ、ヘンリクは最初から最後まで完璧だった。ティーショットは安定していたし、アイアンも冴えていた。ショートゲームもワンダフル。パットもグレートだった。とにかく、すべてが素晴らしかった」

 そう褒めちぎったニクラウスは、最後にこう付け加えた。

「初めてのメジャー制覇は、何とも言えない特別なものだ。この戦いは、歴史に残るものになる」

 それは間違いない。この戦いはきっと、いつまでも語り継がれるものになるだろう。我々もそんな歴史の証人になれたのだから、何とも忘れられない、興奮冷めやらぬサンデーだった。

 さて、スウェーデン人選手として、初の男子メジャーを制したヘンリク・ステンソン。彼は、12歳でゴルフを始めた。もともと左利きだったが、ゴルフは右打ち。今回死闘を演じたミケルソンが、本来右利きでありながらレフティーであることを考えると、なんとも不思議な"因縁"を感じる。

 ジュニア時代は地元スウェーデンで活躍し、1999年にプロに転向。当初は欧州の下部ツアーで戦い、2001年に欧州ツアー入りを果たす。そして同年、欧州ツアーで初勝利を飾った。まさに順風満帆なゴルフ人生のように見えるが、彼はそこから何度なく挫折を味わうことになる。

 まず、初優勝を挙げたあと、数年間はスランプに陥った。それでもそこから何とか這い上がって、2007年には世界ランキングでトップ10入りを果たし、欧州ツアーの賞金王にも輝いたが、2012年に再び壁にぶち当たった。

 今度は、ドライバーの不調だった。「イップス」とまで言われ、トーナメントでは予選通過もままならなくなった。そして、世界ランキングはついに230位台まで急降下。さすがにその際は、エマ夫人に「もうゴルフをやめてしまったほうがいいだろうか」と、弱音を吐いたこともあったという。

 そんなステンソンを支えたのは、そのエマ夫人と3人の子どもたちだった。彼女たちのサポートのおかげで、ステンソンは見事に復活した。

 忘れられないのは、2013年のミュアフィールドで行なわれた全英オープンだ。優勝したミケルソンには及ばなかったものの、メジャーで2位という結果を残した。それから3年後、再びミケルソンと争って、今度はステンソンが勝利を得たのだから、ゴルフの神様も粋なことをするものだ。

 ところで、ステンソンのニックネームは「アイスマン」。プレー中は感情を表に出さず、冷静沈着に見えるからだろうか。しかしこれまで、自らのミスショットに怒りを露わにして、クラブをヒザで折ったり、ドライバーを叩きつけて壊したりしているシーンがよく見受けられた。アメリカでは、感情を抑えきれない選手として知られている。

 一方で、普段のステンソンはユーモアにあふれた好人物だ。ジョークを交えた会話からは、その人となりがよく表れている。

 初のメジャー制覇を果たしたばかりのステンソンは、メディアから「全英オープンのトロフィーであるクラレットジャグ、オリンピックの金メダル、そしてライダーカップ(欧州選抜vs米国選抜の対抗戦)の勝利、この3つのうち、2つを選ぶとしたら何が欲しい」と聞かれると、すかさずこう答えた。

「もし僕が金メダルとクラレットジャグと答えたら、ライダーカップの他のメンバーにボコボコにされてしまう(笑)。だから、ライダーカップだよ」

 しかし彼は、少し間を置いてからにんまり笑って言った。

「金メダルとクラレットジャグが欲しい」

 ステンソンは、この勝利で世界ランキング5位に浮上。スウェーデン代表としてリオ五輪に出場する彼は、五輪出場選手の中ではランキング最上位となる。

「もし僕のキャリアに金メダルが加われば、アスリートとしてどんなに素晴らしいだろう」

 五輪開幕まで、およそ2週間。ステンソンの次なる照準は、金メダルへと向かっている。

text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN