「ハリポタ」新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』気になるビーストたちが映像解禁!

写真拡大

「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日(水・祝)より公開されます。

【動画】『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』最新映像解禁!

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』最新映像がサンディエゴ・コミコンで公開されました。

ついに明かされるビーストの姿!

ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る本作。

新主人公は、世界中を旅するスゴ腕の魔法使い、ニュート・スキャマンダー。

ハリーたちと同じ魔法学校で学び、誰よりも優秀だが、おっちょこちょいなところもある魔法動物使いです。

世界中の魔法動物(ビースト)を調査するため、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っています。

しかし、誤って開けられてしまったトランクから、謎のイキモノたちがニューヨークの街に逃げ出してしまい…

この度、初お披露目となった映像では、今まで謎のベールに包まれていた魔法動物(ビースト)たちの姿が遂に明かされ、あの『ハリー・ポッター』シリーズのドビーでお馴染みの屋敷しもべ妖精の姿も確認できます。

人間界を襲う前代未聞の大混乱にニュートの杖に誰も知らない魔法が宿る。その時、街には一体何が起きるのか!?

波乱の展開を想像させる映像に、ますます期待が高まります。

映像初登場! 気になるビーストたち

予告編0:54頃に登場する、背中にイソギンチャクに似た物が生えているねずみのような生物は「マートラップ」。

イギリスの海岸地域に生息しており、背中の物を、ピクルスにして食べると、呪いやジンクスに対する抵抗力を増強させます。

甲殻類を餌にすると同時に、自分を踏みつけにする者の足を無差別に食べてしまいます。

1:07頃に登場する「エルンペント」

体重が、1トンもある大型で強大な力を持つ灰色のアフリカ産の動物。

厚く硬い皮膚は、大方の呪文も呪いもはねつけるほど。

刺激しなければ、攻撃することはないが、いったん攻撃してくると、結果はたいてい大惨事になってしまいます。

自分を踏みつけにする者の足を無差別に食べてしまいます。

1:11頃に登場する「ビリーウィグ」

1.5cm程の長さで、鮮やかなサファイアブルー色をしたオーストラリア原産の昆虫。

猛スピードなので、人間が気づくことはほとんどないし、魔法使いでさえ刺されるまで気がつかないことがあります。

刺されるとめまいがしてその後空中に浮揚します。

1:12頃に登場する「オカミー」

最大5mほどになり、飾り針を持つ2本脚の有翼生物で、胴体は蛇。極東およびインドに生息。

姿や大きさを自由に変えられ、近づく全てのものに対して攻撃的で、特に、最高に柔らかい純銀の殻でできた卵を守るために攻撃します。

1:43頃に登場する「サンダーバード」

飛ぶと嵐を巻き起こすビースト。

1:45頃に登場する「スウーピング・イーヴル」

繭のような小さな物体から出現する見事な青い鳥のごとく青と緑の有翼ビースト。

1:53頃に登場する「デミガイズ」

極東地域で見られるが、脅されると姿を消し、熟達した魔法使いだけにしか見えなくなため、そう簡単にはみることができません。

おとなしい草食動物で、優美な猿のような姿をしており、憂いを含んだ大きな黒い目は毛に隠れていることが多いです。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
11月23日(水・祝)全国ロードショー