国家衛生計画出産委員会はこのほど2015年の衛生・計画出産事業の統計公報を発表した。

写真拡大

国家衛生計画出産委員会がこのほど発表した2015年の衛生・計画出産事業の統計公報によると、中国国民の健康レベルが向上を続ける一方で、衛生関連支出に占める個人の割合が減少を続けている。経済日報が伝えた。

統計公報によれば、15年の中国国民の予想平均寿命は76.34歳で、10年に比べて1.51歳延びた。乳児死亡率は14年の8.9‰が、15年は8.1‰に低下した。妊産婦の死亡率は10万人に21.7人から20.1人に低下した。

衛生関連支出に占める個人の割合が低下を続けており、全国の衛生関連総支出の大まかな計算によれば、15年の総支出は4兆587億7000万元(約64兆5042億6000万円)、うち個人による支出が29.97%で、割合は前年比2.02ポイント低下した。30%以下を目指すとしていた第12次五カ年計画の目標は達成された。(提供/人民網日本語版・編集KS)