写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイリッジとデジタルガレージの子会社で、決済事業を手がけるイーコンテクストは、全国のバス事業者に向けたスマホアプリ決済サービス「BUS PAY(バスペイ)」の提供を開始したと発表した。

「BUS PAY」は、バス乗車券の予約から支払い、乗車時の乗車券提示まで、スマホアプリで行えるサービス。「BUS PAY」の利用者は、スマートフォン内のアプリにクレジットカード情報を登録することで、乗車券の予約・購入ができ、アプリが表示する乗車券画面を提示するだけでバスに乗車することができる。

iBeaconによる位置情報検知機能を活用しており、利用者がバス停に近づくとスマートフォンに「BUS PAY」に関する情報がプッシュ通知で届く。また、利用ごとに乗車券を購入する高速バスに適した「都度決済」のほか、一定金額を事前チャージし乗車時に利用区間分を支払う路線バス向けの「ポイント型決済」など、バスのサービス形式に合わせた決済機能を実装している。

第1弾として7月19日、平成エンタープライズが埼玉県で運行する路線バスで運用を開始し、8月1日には海部観光が徳島-大阪間で運行する高速バスでの運用を開始する。

今後両社は、iBeaconによる位置情報検知・プッシュ通知機能をさらに進化させ、バス乗降エリアの周辺情報、スタンプ・クーポン情報など、バス利用に関わる関連情報を提供することで、バス事業者と利用者、双方の利便性向上を目指すとともに、乗客増加に向けたさらなる取組みを行う予定だという。

また、アプリでの予約・カード決済というサービス特性を活かし、訪日外国人向けサービスの拡充も実施していくという。

(丸山篤)