マテルナ 家族イメージ

写真拡大

 「ベビー」と名のつくものは使える期間が限られており、買う時に結構悩んだりためらったりする。ところが、赤ちゃんから大人まで使える「ベビーチェア」なるものがあるらしい。

 国内外で活躍するプロダクトデザイナー蛯名紀之氏がデザインしたベビーチェア「materna(マテルナ)」(オープン価格)を、大和屋(愛知県安城市)が7月21日に発売した。座板、足置き板は脚フレームの溝にそって差し込み、脚フレームで挟み込んで固定。赤ちゃんの時期は、ガード、股ベルト、セーフティチェアベルトもついているので、つかまり立ち期以降の立ち上がりの防止に役立つ。3歳を過ぎたらガードやベルトをはずしてキッズチェアや学習椅子として、また座板をはずして足置き板を座板として使うことで、大人も座れる仕様になっている。耐荷重は 約80kg。ナチュラル、ライトブラウン、レッド、グレーの4色を、木目を生かした風合いに仕上げた。

 ヨーロッパの安全基準(EN基準)に加え、2015年12月に改定された日本のベビーチェア安全基準(SG基準)にもいち早く対応。安全性と機能性、そして一脚の椅子として美しいデザイン性を兼ね備えたベビーチェアだ。成長に合わせて座板・足置き板が細かく高さ調節できるので、しっかりと足が届き、常に正しい姿勢を保てる。良質なものを、家族みんなで愛着を持って使う喜びを味わえそう。

ホームページ