「装苑」でコスチューム特集 乃木坂46&欅坂46の衣装にフィーチャー

写真拡大

 ファッション誌「装苑」が、7月28日発売の9月号でコスチュームを特集する。特別企画として、人気アイドルグループ「乃木坂46」と「欅坂46」の衣装デザインを12ページにわたりフィーチャー。「キューティ(CUTiE)」元専属モデルで現在は「スウィート(sweet)」で活動する齋藤飛鳥(乃木坂46)と、欅坂46でセンターを務める平手友梨奈が最新の制服衣装で表紙を飾る。価格は596円。 「装苑」でコスチューム特集の画像を拡大

 乃木坂46の衣装ページでは10曲以上の歌衣装や「第66回NHK紅白歌合戦」(2015年)の衣装など、近年のデザインにフォーカス。欅坂46の特集ページでは、デビューシングル「サイレントマジョリティー」や2ndシングル「世界には愛しかない」の制服衣装を解説するほか、ジャケット写真撮影現場の密着レポートを公開する。乃木坂46と欅坂46のメンバーが着用する歴代衣装をファッション写真として撮り下ろしたヴィジュアルも収録される。 アイドルだけではなく、「ファセッタズム(FACETASM)」の落合宏理と「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」の山縣良和が手がけた相対性理論のやくしまるえつこのドレスや、コリーン・アトウッドが制作した「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の衣装など、ファッションデザイナーとスタイリストが手がけるミュージシャンや俳優の衣装を特集。自ら衣装デザインを手がける綾小路翔は「氣志團の学ラン哲学」を語る。