糖尿病予防は体重を5%減らすことから! 運動と食事の生活改善はここがポイント

写真拡大 (全2枚)

 年々患者が増えている糖尿病。罹患すると脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まるため、日ごろから注意しなければならない病気だ。厚生労働省の国民健康・栄養調査(2012年)によると、日本の糖尿病人口は前回調査(2007年)より60万人多い950万人で過去最多となり、予備軍も含めると2,050万人、5人に1人が該当。その男女比は、男性27.3%、女性21.8%で、男性の割合の方が多い。

 日本糖尿病学会は、今年発表した「糖尿病診療ガイドライン2016」で、日本人の95%を占める2型糖尿病の対処策に関して新見解が判明したことを発表した。

 糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態を指す。自己免疫によって、自分自身でインスリンを産生する膵臓の細胞を破壊してしまい、分泌ができなくなって発症する「1型糖尿病」、インスリンの分泌が少なくなって発症、もしくは体がインスリンに反応しなくなって発症する「2型糖尿病」があるが、日本人の患者の95%は2型。これは、遺伝的に糖尿病になりやすい体質や、食べ過ぎ、運動不足、肥満、喫煙などの生活習慣が関係するという。治療法には、食事療法、運動療法、薬物療法(経口血糖降下薬、インスリン)があることで知られている。

 糖尿病学会の新たな見解とは、 BMI(体格指数:Body Math Index)値──体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で算出される肥満の程度を知るための指数──を意識するよりも、現体重の5%の体重減量を当面の目標とすることが適当であるというもの。たとえば、80 の人は76 まで減らすことを目標にするのがいいそうだ。

 一方、糖尿病を予防するには、血中のブドウ糖値を標準値に保つ努力が必要だが、そのためには、主に運動と食事の2つの生活習慣改善が重要。血糖値の上がりやすい食後30分〜1時間に、20分〜30分程度の有酸素運動(ウォーキングやサイクリングなど、全身を使う軽・中度の運動)をするのが効果的なのだそうだ。また、肥満の人ほど血糖値上昇を抑えるインスリンが効きにくくなり、恐ろしい糖尿病合併症を引き起こす確率が上がるといわれるので、肥満防止の意味でも運動は重要になる。

 さらに、運動だけでなく、食事も1日の摂取カロリーをきちんと守り、栄養バランス良く食べることを心掛けよう。ちなみに、専門家がおススメしている主食は「大麦」。β-グルカンという水溶性の食物繊維が飛び抜けて多いことから、「大麦」は食後の血糖値を是正する機能を持つ糖尿病予防に理想的な食材だ。