西村友禅彫刻店京友禅型紙・彫刻和ランプ 2万8080円ランプはミニ電球が付属。台座込みで310グラムと軽量。京友禅には手描き染めと型紙を用いた「型友禅」の技法があり、西村友禅彫刻店は型紙文化の復興のため、友禅彫刻技法をいかしたダブレットケースやインテリア雑貨を制作し、国内外で発表している(撮影/写真部・松永卓也)

写真拡大

 贈り物として、自分自身を“大人”として演出するものとして、知っておきたい“粋”な一品。今回は、西村友禅彫刻店の「京友禅型紙・彫刻和ランプ」を紹介する。

*  *  *
 暖かな光に浮かび上がる松竹梅の文様──。この細密な柄は、京都の職人が、魂を込めて仕上げたものだ。

 職人とは、西村武志氏。京友禅の専属型彫として1934年に創業した名店の2代目だ。西村氏は、厳選した柿渋紙を、複数の小刀を使い分けて丁寧に彫り抜き、立体感と深みを表現。ランプの表側には、和紙に型紙自体を貼り、反対側は同じ型紙をあてた友禅染を施した。両面で柄の浮かび方の違いが楽しめる。

 高さ31センチ、幅14センチと小ぶりなサイズで、リビングやベッドサイド、和室などにも。優しい光で癒やしの時間をどうぞ。

■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120−013−193(年末年始をのぞく毎日9:00〜19:00)

週刊朝日  2016年7月29日号