※気象庁HPをもとに作成

写真拡大

 傘を持たずに出かけたらいきなり雨、薄着で出かけたら肌寒い……。「予報が外れた!」と憤慨する前に、天気予報の正しい見方や活用の仕方を知ろう。

 ニュースの天気予報に必ず登場する天気図。毎日のように目にしているが、見方はいまいちわからないという人も多いのではないだろうか。

 天気図に引かれている線は「等圧線」と言う。同じ気圧のところが線で結ばれており、周囲より気圧が高いところが「高気圧」、低いところが「低気圧」だ。高気圧は雲がなく晴れることが多く、低気圧のある場所には雲ができ雨が降ることもある。

「天気図の見方のコツは、パッと見て低気圧や高気圧に存在感があるかどうかを感じ取ることです。存在感というのは、具体的には等圧線の混み具合ですね」

 TBSの情報バラエティー「ひるおび!」で気象情報を担当する気象予報士の森朗さん(56)は言う。

 等圧線の間隔が狭いと、高気圧から低気圧に向けて強い風が吹く。中心付近の風速約17m/s以上の台風が天気図に現れると、等圧線の間隔が狭すぎて真っ黒に見えることもある。

 冬は日本列島に等圧線の間隔が狭い縦じま模様が入る。西の大陸には高気圧が、東の海上には低気圧がある「西高東低の気圧配置」となり、大陸から海へと冷たく乾燥した風が吹く。これが冬の季節風だ。

●予報は根拠が大事

 天気図に現れる鉄条網のような線は「前線」だ。前線には、半円のついた「温暖前線」、三角形のついた「寒冷前線」、半円と三角形が同じ方向に交互に並ぶ「閉塞前線」、半円と三角形が逆方向に互い違いに並ぶ「停滞前線」の4種類がある。

 前線は暖かい空気と冷たい空気の境目にでき、前線上には雲ができて雨が降りやすい。「温暖前線」からは比較的穏やかな雨が、「寒冷前線」からは比較的激しい雨が降る傾向にある。梅雨や秋雨などの長雨は「停滞前線」によってもたらされる。

 台風の進路上にいくつか存在する白い円は、「予報円」と呼ばれており、この円内に台風の中心が来る確率は約70%だ。また、赤い円で示された場所は、平均風速25m/s以上の暴風域(今後の進路上にある赤い線で囲まれた場所は「暴風警戒域」と呼ばれる)、黄色い円で囲まれた場所は平均風速15m/s以上の強風域となる。

「テレビの天気予報を見るときは、気象キャスターが話す『なぜ、この天気予報を出したのか』という根拠の解説をよく聞いてほしいです」(森さん)

 天気予報が外れるときは、来るはずだった低気圧が来なかったなど、根拠が崩れていることが多い。あらかじめ天気予報の根拠を知っていれば、外れたときになぜ外れたのかがわかるようになる。

 森さんといえば、番組内で手作りの模型を使った気象解説が持ち味だ。これも、天気予報の根拠を説明するためだ。

「CGで、今後の雨雲の移り変わりを表示するような天気予報は、見た目はかっこいいのですが、あくまで天気予報の結果を表示しているだけで、根拠を解説しているわけではありません。それだと、予報の説得力がないんです」

 森さん曰く、「上空の寒気」(暖気の上にある寒気)と「暖かく湿った風」が天気予報の2大要注意ワード。下層に暖かく湿った空気があり、上層に寒気があると、対流が起こって下層の空気が上昇する。すると空気中に含まれる水蒸気が水や氷に変化して雲になる。上昇流が強いと背の高い積乱雲が発生し、この雲が大雨、突風、雷を引き起こす。

「この言葉が登場したら、大雨や雷など、何かが起きる。でも何が起きるかは直前までわかりません。だから、身構えてほしいですね」

●使える気象庁HP

 企業向けに局地的な天気予報を提供する気象予報士の佐々木恭子さん(41)は力説する。

「テレビの予報だけではなく、気象庁ホームページも活用してほしいです。テレビで『大気の状態が不安定』という言葉が登場したら、気象庁ホームページの『レーダー・ナウキャスト』という予報のページなどを見て、自分のいる場所の近くで積乱雲による大雨や雷、突風が発生しているか、発生しそうかを調べてほしい」

「大気の状態が不安定」とは、前述の積乱雲が発達しやすい状況のこと。不安定な場所の範囲は広いが、積乱雲自体は非常に狭い範囲で発生する。

 悩ましいのは天気予報が外れる時。外れやすいケース、というのはあるのだろうか?

「一般的に、低気圧や台風など、動いてやってくるものの予報は当たりやすいですね。でも、梅雨前線のような動かないものや、何もないところからいきなり大雨が降り出す局地的大雨などは、天気予報の苦手とする現象です」(森さん)

 太平洋側の雪も、予報が難しい。雪をもたらす南岸低気圧の位置と上空の寒気の状態、そして湿度など、さまざまな要素が複雑に絡み合い、雪か雨か、そもそも何も降らないかが決まるからだ。

 最近の予報は昔に比べて難しくなっているのだという。

「以前は予測しやすかった、低気圧や台風などの動いてやってくる現象が、予想外の動きをしたり、勢力が変わったりして、予想しにくくなっています。また、大雨や強風なども予想を超えて最高記録が塗り替えられることが多いですね。これからは、天気予報で伝えられた内容よりも多少割り増しした現象が起こると覚悟しておいたほうがいいかもしれません」(森さん)

 実際に、気象庁に問い合わせてみたところ、「1時間50mm以上の非常に激しい雨や、80mm以上の猛烈な雨が降る日数は増加傾向にある一方、1mm以上の弱い雨が降る日数は減る傾向にある」とのこと。

 異常気象をもたらす原因はさまざまだ。偏西風の蛇行度合いの変化、エルニーニョやラニーニャの発生、ヒートアイランド現象など。いろいろな要素が複雑に絡み合っていることもある。

●予報の最新技術

 それでも、気象庁は予報の精度を上げるため、日々技術開発に努めている。スーパーコンピューターによる計算で今後の大気の状態を予測する「数値予報モデル」の改良が重ねられた結果、台風の先のほうの進路予測や降水予測の精度が上がりつつある。

 また、15年にはひまわり8号が本格的に観測を開始し、カラーで解像度の高い気象衛星画像が10分ごとに配信されるようになった。大気の状態をより正確に把握できるようになったため、台風の中心位置の予測精度も向上している。今年発生する台風の予報円は、昨年までのものに比べて半径が約20〜40%程度小さくなる予定だ。

 天気予報が苦手とする局地的大雨をより高い精度で予報すべく、さまざまな研究機関で技術開発も行われている。たとえば、防災科学技術研究所では、「緊急豪雨速報」を開発中だ。これは、上空の雨粒の存在をXバンドMPレーダーという国土交通省の運用するレーダーでいちはやく検知し、地上で雨が降り出す前に、登録したユーザーに向けてメールで通知するというもの。現在では検知からメール配信まで数分程度かかるが、今後開発が進めば、現在よりも素早く行うことができるようになるはずだ。

 天気予報に親しめば、都会では遠ざかりがちな自然現象にも興味がわいてくる。ふと空を眺めて「今日はどうなるのかな?」と考えることが、命を守る行動にもつながるのだ。(ライター・気象予報士/今井明子)

AERA 2016年8月1日号