レストランを星の数で評価する「ミシュランガイド」に掲載されることは、レストランなど飲食店にとってはこの上ない名誉と言える。「ミシュランガイド」が消費者に与える影響力は非常に大きいわけだが、ミシュランガイドには複数の「ラーメン店」も掲載されおり、これはラーメンが料理のジャンルの1つに認められたと言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 レストランを星の数で評価する「ミシュランガイド」に掲載されることは、レストランなど飲食店にとってはこの上ない名誉と言える。「ミシュランガイド」が消費者に与える影響力は非常に大きいわけだが、ミシュランガイドには複数の「ラーメン店」も掲載されおり、これはラーメンが料理のジャンルの1つに認められたと言える。

 ラーメンが中国から日本に伝わった料理であることを知らない日本人はいないだろう。だが、日本のラーメンと中国のラーメンはもはや別物であり、中国ではラーメンは数多く存在する麺料理の1つに過ぎないのが現状だ。また、中国において日本のラーメンは「日式ラーメン」として親しまれ、人気も高い。

 中国メディアの界面はこのほど、「中国にはたくさんの麺料理が存在するが、日本のラーメンには敵わないのだろうか」と嘆く記事を掲載。日中のラーメンの違いについて「麺」と「スープ」の両方ともまったく異なると紹介したうえで、「日本人はラーメンを絶えず改良し続け、世界に1つの文化として発信を続けている」と伝えている。

 日本ではラーメンという大きなジャンルのなかに、醤油や塩、味噌、豚骨などさまざまな味が存在する。さらに、魚介系の味のほか、ラーメンから「つけ麺」というジャンルも派生したとおり、日本人は枠にはまらず、自由にアレンジし、ラーメンを進化させてきたといえる。一方、中国ではラーメンといえば豚肉や牛肉、海鮮のスープで作るのが一般的で、昔からずっとこの形が続いている。ラーメンに限ったことではないが、中国では中華料理を独自にアレンジして、新しい料理を生み出すような料理人は少ないように見受けられる。伝統の形を守り続けているとも言えるが、見方を変えれば自由な発想に基づく革新や改善が欠けているとも言えよう。

 日本人は他者の長所に学び、取り入れ、改良するのに長けていると言われるが、それはラーメンという料理からも見て取れる。こうしたアレンジや革新に対する意欲が日本人にあったからこそ、中国生まれのラーメンは世界で親しまれる料理に発展したのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)