再雇用シニアが陥りがちなミスとは

写真拡大

 厚生労働省が2015年10月にまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、その時点までの1年間に60歳で定年を迎えた人のうち、実に82.1%が継続雇用されたという。だが、問題はその後だ。再雇用先の職場でシニア世代を待ち受けている現実はそう甘くはない。

「昔の癖が抜けずに上司風を吹かせて周囲に煙たがられたり、『雑用ばかり任される』と本人が不満をためこんだり、再雇用社員の立場は思っている以上に難しいのです」(労働問題に詳しいジャーナリスト・溝上憲文氏)

 再雇用先でうまくやっていけず、途中で辞めてしまうシニアも少なくない。その原因の多くは、シニアたちが職場で思わず取ってしまう“ダメな行動”だ。

「とくに再雇用先が同じ職場の場合、気持ちを切り換えるのが難しい。本来管理すべき課長がいるのに横から口を出して後輩を叱りつけたり、いまは上司である元部下を『お前』と呼んでしまったり。再雇用先が別の職場でも、自分のほうが年上で経験もあるという自負から、若い社員を指導しようとして逆に疎まれてしまう」(溝上氏)

 プライドが邪魔して、雑用を若い社員に押しつけてしまうケースもあるようだ。そして、アフターファイブの飲み会への参加も要注意だ。

「飲んだ勢いで、同期で役員になった人について『あいつは若い頃はこうだった』などと余計なことを口走ってしまう。そうした話が社長の耳に入り、工場の倉庫作業に飛ばされた人も実際にいます」(溝上氏)

※週刊ポスト2016年8月5日号