ルーニー、引退後は指揮官に興味「フットボールは僕の人生のすべて」

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、現役引退後に指揮官としてフットボールに携わっていきたいようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽ユナイテッドは現在、中国でプレシーズンツアーを行っている。キャンプに参加しているルーニーはフェイスブックを通じてファンからの質問に返答。現役引退後の夢について語った。

「現役を引退したら監督になりたいと思っている。フットボールは僕の人生のすべてだ。今はコーチングライセンスの習得に向けて動いていて、引退するころには監督になる準備を終えているだろうね」

▽またルーニーは、同席したイングランド代表FWアシュリー・ヤングに対して、次のような冗談を口にした。

「もし君もライセンスを習得するのなら、僕のチームのコーチに選んでもいいよ」

▽するとA・ヤングは「オファーしてくれるのかい? それならやってみようかな」と乗り気な様子だった。