■連載/35歳から履く大人の靴選び

【35歳からの靴選び】大人のための「RFW」がセレクトするシンプル&スタイリッシュシューズ

大人に似合うシューズとは一体どんなものなのかを探る連載企画「35歳から履く、大人のシューズ」。シューズ業界の最前線で活躍するクリエイターの方たちに、現在のお気に入りとおすすめのシューズを紹介していただく。今回登場するのは、シューズデザイナーの鹿子木隆(かのこぎ・たかし)さん。後編ではRFWのおすすめシューズを5足、紹介してもらった。

【35歳からの靴選び】大人のための「RFW」がセレクトするシンプル&スタイリッシュシューズ

■KANOKOGI'S SELECT 1

SANDWICH-LO STANDARD
RFW
SANDWICH-LO STANDARD
1万1000円(税別)

アッパー両サイドの羽根が2枚に分かれているのが特徴的な、RFWの定番モデルの1つ。『SANDWICH-LO STANDARD(サンドイッチロー スタンダード)』のモデル名は、足を包み込むようなその形状から付けられたもの。アウトソールには、ブランドのイメージカラーであるシアンブルーを採用。またメインのナイロン丸紐に加えて、同色のナイロン平紐が付属している。

SANDWICH-LO STANDARD

鹿子木さん:長く展開しているRFWの定番です。細かい部分は何回かアップデートしているのですが、大きな変更はせずに展開しています。キャンバスのホワイトが、一番人気があるというかシーズンを問わずに買っていただけています。最近はリピーターの方も増えてきていて、とても嬉しいですね。シンプルなスタイルのバルカナイズ製法のスニーカーなのですが、羽根の形状や、ソールのラインなどで個性を出しています。白のキャンバススニーカーっていうと、たくさんのブランドから出ていますが、人とはちょっと違うものを履きたいなという方に履いて頂けたらと思います。

■KANOKOGI'S SELECT 2

BAGEL-LO FLOCKS
RFW
BAGEL-LO FLOCKS
1万4000円(税別)

RFWでは、日本国内で面白い活動をしているアーティストとコラボレーションしたモデルを定期的にリリースしている。今シーズンは、大阪在住のアーティストで著名なミュージシャンのアートワークや、テキスタイルデザインなどを手掛けているDAY STARTER(デイスターター)とコラボレーション。鳥をモチーフにした作品をアッパーに採用した。

BAGEL-LO FLOCKS

鹿子木さん:DAY STARTERは、1950年代の世界観を上手く表現されている方で、東京スカパラダイスオーケストラさんとか有名ミュージシャンのアートワークなどを手掛けています。アパレルブランドとコラボレーションされたりもしていたので、ご存知の方もいるかもしれませんね。今回コラボレーションして作らせていただいたのは『BAGEL-LO FLOCKS(ベーグルロー フロックス)』というモデルです。大空を羽ばたく鳥をモチーフにした作品をインクジェットでプリントすることで、レトロな雰囲気の色合いに仕上げています。

■KANOKOGI'S SELECT 3

ROLL CANVAS
RFW
ROLL CANVAS
1万3000円(税別)

セメント製法で作られたスリッポンは、キャンバスとベロアを使った同色異素材のアッパーが特徴。カジュアルなデザインでありながら、ベロアを巧みに取り入れたことで、上品さ、大人っぽさを加えることに成功している。通常のスリッポンタイプのシューズの場合は外側に見えるゴムの部分を、内側に配置しているのもポイント。

ROLL CANVAS

鹿子木さん:スリッポンはシンプルな分、デザインするのが難しいんですよ。シューレースを使わずに多くの人の足にアジャストさせるっていうのが、まず大変なんです。ある人にとっては履き口が狭くてきつくても、別の人にとってはゆるかったりするので。この『ROLL CANVAS(ロール キャンバス)』は、履きやすいんだけど、ラフになり過ぎないっていうところに気を遣って作ったモデルです。ラフ過ぎると奥さんとか彼女に怒られたりするじゃないですか(笑) 「休みの日でももっとちゃんとしてよ!」とかって(笑) 革を使って少し上品な感じにしているので、これなら大丈夫だと思います!

■KANOKOGI'S SELECT 4

DOVE GORE VELOUR
RFW
DOVE GORE VELOUR
2万2000円(税別)

『DOVE GORE VELOUR(ダブ ゴア ベロア)』は、2016年秋冬シーズンのニューデザイン。サイドゴアタイプのスリッポンなので、足入れがしやすい。アッパーには牛革のベロアを採用し、フットベッド、ライニングにもレザーを使っているので、上質感も十分。快適な履き心地と、上品な見た目の両方を求める大人におすすめしたいモデルだ。

DOVE GORE VELOUR

鹿子木さん:アウトソールにビブラム社製の軽量ソールを使っているので、かなり軽く仕上がっています。シューズを軽くしようとすると、見た目も軽くなるというか、安っぽく見えてしまったりすることがあるんですが、そうならないように気をつけて作ったシューズです。履き心地は軽快で、気軽に履けるけど、しっかりと大人っぽいというのを目指しました。

■KANOKOGI'S SELECT 5

SWIFT LEATHER FLEX
RFW
SWIFT LEATHER FLEX
3万6000円(税別)

『SWIFT(スウィフト)』は、独特なフォルムが特徴のスリッポンタイプのブーツ。『SANDWICH-LO STANDARD』と並ぶRFWの定番モデルであり、登場以来高い人気を誇っている。2016年の秋冬モデルは、深い溝が入ったビブラム社のGloxy Cutソールを採用。柔軟性が高まり、より快適な履き心地となった。

SWIFT LEATHER FLEX

鹿子木さん:ブーツタイプで脱ぎ履きがしやすいところと、個性的なフォルムが受けているのかなと思うんですが、『SWIFT』もリピーターの方が多いモデルです。お店に持ってきてもらえれば、ソール交換もできるので、ぜひ長く履いて頂きたいですね。レザーのアッパーは経年変化が楽しめますし、だんだん自分の足に馴染んでくるので、ほかの素材とは違う魅力がありますよね。

【35歳からの靴選び】大人のための「RFW」がセレクトするシンプル&スタイリッシュシューズ

■問い合わせ先
RFW FLAGSHIP STORE
電話:03-6804-7283
http://www.rfwtokyo.com

取材・文・神津文人(こうづ・ふみひと)

カルチャー誌、ファッション誌、モノ誌とメンズ誌の編集部を経て独立。現在はフィットネス関連、スニーカー関連を中心に雑誌やWebメディアで執筆中。『青トレ:青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)にも携わる。

■連載/35歳から履く大人の靴選び