デ、デカッ!NYの地下鉄でバッグに入れられた“ハスキー犬”目撃される

写真拡大

愛犬をバッグに入れたり、バギーに乗せたりして出歩く人をよく見かける。

他人のカバンの中で何かがモゾモゾしているのを見つけて、一瞬ドキッとすることも。

バッグの中には小型犬が定番

いずれのケースでも、カバンの中に入れられているのは、コンパクトにおさまる小型犬がほとんど。

例えばこんな感じや▼

こんな感じ▼

苦もなく持ち歩けるサイズだし、可愛らしくて絵にもなる。

まさかのハスキー犬

ところが、最近米ニューヨークの地下鉄で、「それはちょっと無理があるのでは?」とツッコみたくなるような光景が目撃された。

それがコチラ▼

「NYならでは。巨大な犬をバッグに入れて地下鉄に乗る人」とある。

トートバッグに入っているのは、ご覧のとおりハスキー犬。言わずと知れた大型犬である。

ニューヨークでは、犬を地下鉄に乗せる際は足が床につかないよう、バッグやケースに入れるよう義務付けられているそうだ。

驚きの声あがる

しかし、さすがにこれだけ大きな犬をカバンに入れて持ち運ぶ人は珍しいようで、同ツイートは現地メディアでも取り上げられたほど。

「オーマイガッ!デカッ」「犬のリアクションは?」「盲導犬じゃ…ないよね」「おとなしくしててお利口だね」と、人々の驚きを誘ったが、当のワンコはどこ吹く風。

威風堂々とバッグにおさまっている姿に「可愛い」「心和む風景」といった声も聞かれる。