カップルの分岐点!気を付けておきたい同棲する際の問題点5つ(photo by Igor Mojzes/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】大好きな彼と一緒にいたい気持ちが強くなればなるほど、同棲を考え始めますよね。その勢いのまま同棲を決めがちですが、きちんと気を付けておくべき問題点を見逃してしまうと、後々破局に繋がることもありますよ。そこで今回は、カップルの分岐点となる同棲する際の問題点について5つピックアップしてみました。

【他の記事を見る】男性がキスしたくて我慢できない瞬間5つ

♥同棲の環境


同棲を始める際、最初に考えなければならないのが「環境」、いわゆる住まいです。

2人で生活する住まいをどこにするのか話し合いが必要になります。

どちらかの住まいに引っ越しするのもいいですが、スペースが狭いとイライラが募るもの。

お互いが心地良く住めるような環境を整えなければなりません。

また、住まいを決めるときはお互いの職場に近いところを選ぶなどの配慮が必要です。

どちらか1人の職場近くにすると、いずれ不満がたまってしまいますよ。

ケンカにならないためにも、住まいは2人でしっかり話し合って決めましょうね。

♥相手のすべてを受け入れる覚悟


同棲を始めるといっても簡単ではありません。

大好きな彼と同棲しても仲良しでいたいなら、覚悟を持つ必要があります。

覚悟とは、相手のすべてを受け入れるという覚悟です。

同棲をすれば2人の生活が同じになります。

付き合っていた頃にはわからなかった彼の仕草や振る舞い、性格がわかるはずです。

もしかしたら、自分にとって嫌な部分も見えてくることでしょう。

そんな嫌な部分も受け入れる覚悟を持っておかないと、同棲は長続きしませんよ。

♥家事の分担


2人で一緒に生活すると生活費が半分になります。

1人暮らしをしていた頃よりも生活費は節約できるでしょう。

問題点といえば「家事の分担」です。

平日はどちらが料理をするのか、洗濯物や掃除はどうするのか、ある程度同棲のルールを決めておいたほうがいいでしょう。

実際、同棲をしてみるとルールどおりにいかないこともありますが、絶対に守ってほしいことなどのルールはつくっておくほうがケンカを防ぐことができます。

家事の分担はもちろん、お金の管理も決めておいたほうがいいですよ。

疑問やハッキリしておきたいことは、同棲前に2人で話し合うことが大切なポイントになります。

♥結婚の時期


同棲をすると結婚の時期を逃すといわれています。

なぜなら、一緒にいるのが当たり前になり結婚へのモチベーションが下がるからです。

実際、結婚の時期を逃して同棲解消し、恋人と別れたという人は少なくありません。

同棲で失敗しないためにも、同棲をスタートさせる前に、同棲期間を決めておいてください。

いつからいつまで同棲をするのか、同棲した後どうするのか、何のために同棲をするのか、2人できちんと決めておかなければなりませんよ。

特に、男性は同棲が居心地良く感じると結婚のモチベーションが一気に下がるので要注意です。

♥うまくいかなくなったときの責任


考えたくないですが、もし、うまくいかなくなったとき、お互いに責任が生まれます。

金銭面でのトラブルや妊娠など、考えなければならない問題はたくさんあるのです。

「もしも」のときのためにも、問題点について彼氏と話し合わなければならないでしょう。

なかなか話しにくい内容でも同棲するのなら思いきって切り出すことが大切です。

2人で真剣に話すことができれば、お互いの考えを深く理解し合うこともできますよ。

いかがでしたか?

同棲をして楽しいことはたくさんあります。

しかし、楽しいことがある反面、出てくる問題点もさまざまです。

もし、問題が起こった場合どうするのか、同棲前にきちんと2人で話し合っておかなければなりませんよ。

ある程度、2人で同棲のルールを決めておいたほうがいいでしょう。(modelpress編集部)