24日、中国外交部の陸慷報道官は、岸田文雄外相が、ASEAN関連外相会議の期間中に、中国の王毅外相と個別会談した場合、南シナ海問題に言及するとしたことについて、「当事国でない日本が中国側に対しあれこれ言う資格はない」と述べた。写真は陸報道官。

写真拡大

2016年7月24日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、日本の岸田文雄外相が、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議の期間中に、中国の王毅(ワン・イー)外相と個別会談した場合、南シナ海問題に言及するとしたことについて、「当事国でない日本が中国側に対しあれこれ言う資格はない」と述べた。中国中央テレビのニュースサイトが伝えた。

陸報道官は「フィリピンによる南シナ海仲裁案は最初から違法で無効であり、中国は判決を受け入れない」と主張。日本に対しては「南シナ海問題に介入することをやめるよう促す。日本は南シナ海問題の当事国ではない上に、見栄えの良くない歴史を抱えており、なおさら中国側に対しあれこれ言う資格はない」と述べた。(翻訳・編集/柳川)