屋外でのレジャー時だけではなく、ほんの少し外を歩いただけでも虫刺されしやすい季節です。虫に刺されないために、「虫除けスプレーを常備している」という方は多いのでは?

また、健康志向が高まりつつある昨今、虫除けスプレーの成分にも気を使う方が増えているようです。肌や体に刺激が強いものを使っていては、せっかくの虫除けも何だか本末転倒ですよね。

今回は、肌が弱い方でも安心して使える虫除け&刺されても腫れないクリームの作り方を、アロマセラピスト・片岡智子さんに教えてもらってきました。

■虫が寄って来にくくなる精油とその効果・効能

健康維持や疲労回復、心身の不調を癒す効果に期待される“香りの力”。ここでは、香りの中でも、虫が嫌う精油とその効果・効能をご紹介します。

(1)ゼラニウム・・・くすみの改善、皮脂バランス・ホルモンバランスを整える

(2)ラベンダー・・・やけど、ニキビ、切り傷、シミなどの肌トラブルに

(3)レモングラス・・・消臭、デオドラント、消化促進、筋肉痛に

(4)ペパーミント・・・頭痛、発熱、関節痛、かゆみ、乗り物酔いに

(5)ユーカリ・・・気管支炎、花粉症、風邪に

(6)ティーツリー・・・抗菌、真菌感染、ニキビ、おでき、鼻づまりに

優しい花の香りにスッキリとした柑橘系の香り、スーッとしたウッディ系の香り。どれもいい香りで肌に優しいうえに、虫を寄せ付けないなんて嬉しいですよね。

これらの精油を使った”虫除けスプレー&刺されても腫れないクリーム“のレシピは、下記のとおりです。

■アロマが香る”虫除けスプレー&刺されても腫れないクリーム“レシピ

【虫除けスプレー】(50ml)

<材料>

・スプレー容器

・精製水・・・40ml

・ウォッカ・・・10ml

・好みの精油(ゼラニウム・ラベンダー・レモングラス・ペパーミント・ユーカリから)・・・15滴

<作り方>

(1)スプレー容器にウォッカを入れてから、精油を加える。

(2)最後に精製水を加えて、よく混ぜる。

【刺された時用のクリーム】(20ml)

<材料>

・容器

・クリームベース・・・20ml

・好みの精油(ラベンダー・ティーツリー・ペパーミントから)・・・3〜4滴

<作り方>

容器にクリームベースを入れ、精油を加えてよく混ぜる。

スプレー・クリーム共に、使用前は腕の内側でパッチテストをすること、肌に異常があった場合は使用をやめること、そして、2〜3週間を目安に使い切ることがポイントだそうです。

今年は、アロマが香る虫除けで快適な夏を送ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

朝のオレンジもNG!漢方のプロが伝授「食べた人からシミ定着」3食材

【取材協力】

※ 片岡智子・・・毎日頑張る女性のキレイを応援。「自分を癒せるのは自分だけ」をモットーに、女性のキレイを内外からサポートすべく、アロマセラピスト・ネイリスト・健康管理士と様々な知識を活かして活動。nail-salon 『Serendipity』ネイリスト。