2億円トレーダーが推奨――円高に激強な銘柄ベスト5

写真拡大

一時105円台半ばまで急落した米ドル/円相場。日銀による為替介入も予測されているが、それもむなしく本格的な円高局面はこれから来る!? FXはもちろん、株、金、原油、ビットコインなど商品ごとの戦略を、今こそ練り直すべし!

◆輸入系+優待・高配当の「+α」銘柄を狙うべし!

「円高=株安」がマーケットのセオリー。円高が、主力の輸出系企業の足を引っ張るからだ。が、当然のことながら、輸入系企業にとってはプラス。不動産や株・FXで2億円超の資産を築いてきたサラリーマン投資家のJack氏も次のように話す。

「もともと、大型の輸出系企業よりも割安の小型株を仕込むバリュー投資がメイン。今年手を出した輸出系企業は、燃費データ不正問題で大暴落した三菱自動車ぐらいです。日産自動車の出資が発表された日に買いを入れて300万円ほど稼がせてもらいました。ただ、今期(’17年3月期)の上場企業の想定為替レートは1ドル=110円程度と報じられているのを見ると、円高圧力が強まっているだけに輸出系企業には業績の下振れリスクがありそう。今の私の保有しているのはもっぱら円高相場に強い輸入系になります」

 とはいえ、輸入系企業は多岐にわたる。東京電力だって火力発電量用の天然ガスを大量に輸入しているし、商社はその最たる例。どのように銘柄をセレクトしているのか?

「円高効果での好業績が期待できる銘柄として人気なのは、ニトリや吉野家、エイチ・アイ・エスといった銘柄でしょう。ニトリは『円高還元セール』を行うから個人投資家の間でも“円高銘柄”として認知されているし、吉野家は牛肉の仕入れ値が下がる。エイチ・アイ・エスは円高で海外旅行者が増えるという連想が働きやすいので、買われやすい。これから人気化しそうなもので言えば、6月に上場したコメダ珈琲(社名はコメダHD)。実は、喫茶店は非常に円高メリットが大きい。コーヒー豆の仕入れ値が大きく変わるので。その点でいうと、コメダとの連想買いに期待してルノアールも面白い。ただ、私はプラスαが狙える銘柄が好み。インテリアの輸入を行っているサンワカンパニーなどは円高メリットと優待利回りの高さに惹かれて、私も仕込んでいる銘柄です」

◆“為替感応度”で円高高感度銘柄を洗い出す

 一方で、輸入系ではないが、円高とともになぜか値上がりしやすい銘柄もあるという。金融アナリストの今北洋氏が話す。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=102323

「私がチェックしているのは、『対ドル/円レート感応度』。ドル/円が1%上昇したときに、株価がどれくらい上昇したかを示す数値です。マイナス値が大きいほど、円高相場で値上がりしやすい銘柄となる。これに、時価総額500億円以上で今期売上高・営業利益ともに上向き、といった条件などを足してスクリーニングしたのが左の一覧。実は西松建設が円高相場に対して、感応度が高い。その感応度の右に示した『HV』はヒストリカル・ボラティリティ。今後1年間に予想される変動率です。簡単に言ってしまうと、西松建設なら±31%の値動きが予想できる。円高に対する感応度が高ければ、円高相場ではプラスに振れやすいと考えていいでしょう。あくまで目安ですが、上昇トレンドでは最大で31%の値上がりが期待できるということ」

 円高投資の参考にしてもらいたい。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=102324

【円高投資3ヶ条】
・「円高還元セール」を積極的に行う内需系銘柄は狙い目
・輸入系で高配当・高優待利回り銘柄ならWでお得
・ドル円感応度で“非輸入系”円高銘柄を洗い出すべし

【Jack氏】
個人投資家。不動産、株、FX等で2億円超の資産を築いたサラリーマン投資家。バリュー投資やIPO投資に強み。『百人百色の投資法vol.3』(パンローリング)など著書多数

【今北 洋氏】
金融アナリスト。金融情報配信会社のアナリストを経て、通信者に勤務。マーケットの取材をする傍ら、数々のマネー誌に寄稿。自らも株、FXを行っている。中小型株、新興銘柄に強み

― 円高相場でバカ勝ちする裏技(秘)公開!! ―