部屋が汚い人はダメ男を引き寄せる?「掃除」の意外な効果とは

写真拡大

あなたは普段、どれぐらいの頻度で自分の家や部屋を掃除していますか?

とある調査によると、掃除の頻度は「週に1度」と答える人が最も多かったそうです。平日は忙しいから後回し、休日になんとなく汚れてきたところが気になってちょこちょこ掃除する…そんな感じでしょうか。

しかしここで断言します。住むところは毎日ちょっとずつでも掃除して、ピカピカな状態を保つべき!
なぜなら、きちんと掃除して清潔に保たれた部屋に住んでいれば、仕事や恋愛もうまくいきやすくなるから。
逆に、掃除が行き届いていない汚部屋は、仕事の失敗やダメ男を呼び込みます。

部屋を掃除することと、仕事や恋愛は関係ない、と思いますか?
いや、実際は関係大アリです。

部屋が汚いと不幸になる?!

普段はそれほど意識していなくても、自宅の状態はあなたの生活に大きな影響を及ぼしています。
大半の人にとって、1日で最も多くの時間を過ごすのが自宅のはず。さらに食事をしたりお風呂に入ったりメイクをしたり眠ったり…と、おうちはあなた自身を形作る場でもあります。
毎日自宅に帰り、室内を眺めながら眠りにつき、起きて最初に目に入るのは自分の部屋。
部屋は、あなたが最も目に入れる「景色」です。

それが汚いとどうなるでしょう?
あなたは毎日汚い景色を眺め、その中で過ごすことになります。そんな状態はもちろん良いことをもたらしません。むしろネガティブな気持ちが知らず知らずのうちに蓄積されることで、全体の生活レベルが下がってしまいます。

掃除の頻度が少ない・部屋が汚い人は、自分に自信がなかったり幸福度を低く感じたりするそうです。
自信がないゆえに仕事に対してやる気が持てなかったり、ダメな男の人に好かれやすくなったり…。
もちろん部屋が汚いことだけが原因の全てではありませんが、ひとつの要因になりうることは間違いありません。

部屋を整えば心も整う

部屋の状態は心の状態。
さきほどは悪い例を出しましたが、逆に言えば、部屋をキレイにすれば心も落ち着き、ネガティブな要因をひとつ断ち切ることができます。
いわゆる風水の分野でも、部屋を掃除すること、清潔に保つのは開運のための絶対条件です。

たとえば「お金持ちの家」「豪邸」と言われたとき、あなたはどんなものをイメージするでしょうか。逆に「貧しい家」はどうでしょう。
前者は広い、大きな、かつ清潔な空間を想像しませんでしたか?
対して後者は、小さな、散らかった部屋を思い浮かべる人が多いはず。

実際、お金持ちの人ほど掃除好きだと言われます。掃除して清潔な空間を保つことがポジティブな心を整えることにつながり、それが結果的にお金が入ってきやすい状態を生むことを知っているのです。

いきなり豪邸に住むのは難しくても、部屋を掃除するのは今からでもできます。前向きな気持ちを作り出すため、開運の第一歩として、まずは掃除から始めましょう。

必ず掃除するべき3つの場所とは?

といっても、いきなり自宅全部を大掃除するのは大変です。
風水や、見栄えの面から、何があっても清潔にするべき3か所をご紹介。まずはここからキレイにしてみてください。

(1)玄関
部屋の入口である玄関。風水的には外からの気の流れを呼び込む大事な場所とされています。
何か物が置かれていると気の流れを妨げてしまうので、なるべく玄関はスッキリさせましょう。

靴を脱いだまま放置するなど、物を置きっぱなしにしておくのはNG。できれば靴は毎回靴箱にしまうか、難しければキレイに並べて。

また、玄関は靴が持ち込んだ汚れや外からやってきたホコリなどがたまりやすいので、掃き掃除・拭き掃除はこまめに行いたいところ。ホウキなどを常備しておいて、毎日ササッと掃き掃除をするのがベストです。

また、玄関マットなどを敷いて外からの汚れを持ち込まない工夫をするのも大事。もちろん、玄関マットは定期的に洗濯してくださいね!

(2)鏡
鏡を磨くことは映し出す自分を磨くことにもつながります。女子力強化の意味も込めて鏡は常にピカピカにしましょう。
風水でも、光るものをキレイにしておくことは運気アップにもつながるとされています。ホテルなどでも、とにかく鏡など光るものを徹底的に磨くことで、部屋全体を美しく見せているとか。

鏡はホコリや水アカ、化粧品などで日々汚れてしまいます。濡れたら拭く、汚れがついたら取り除く、と気づいたその瞬間にキレイにしておくのが基本。
濡らして固く絞った新聞紙で拭くと、新聞のインクが鏡に膜を作りピカピカ輝く状態にすることができます。
ホコリはどうしても付着するので、ハタキやホコリ専用のブラシなどを用意しておいて、使い終わったときにサッと拭くようにするとお手入れがラクです。

(3)水回り
キッチン、お手洗い、洗面所、お風呂などの水回りは使うたびに汚れる場所。日常的に使っている分つい見逃してしまいますが、ここを清潔に保つことができるかどうかで部屋全体の印象が変わります。
風水的にも、キッチンのシンクや洗面所の蛇口などの金属部分は、鏡同様光るものとして常に磨き上げておきたい箇所です。

水回りの汚れは水だけでは落ちづらいものが多いです。
白く濁ったような汚れは水アカ。こちらはクエン酸を使うことで落とせます。
クエン酸は100均でも売っているので、水に溶かしてスプレーし、しばらく放置してから磨けばピカピカ!

また、水回りは濡れた状態が続くことで汚れが溜まったりカビが生えたりします。使い終わったら水分を拭き取っておくと清潔な状態が保ちやすくなります。
水回りには乾いたタオルを置いておいて、使い終わったら全部拭いてしまいましょう。特に浴室は拭き上げるのは大変なものの、カビの発生や汚れ・臭いを劇的に抑えることができるのでオススメです。

ちょっと気合いを入れて掃除をするだけでも、気分的にはスッキリします。
さらに常に清潔でキレイな部屋を保つことで、気持ちも安定することが感じられるはず。その状態が続けば、やる気が出てきたり、大きな決断ができたりと前向きな変化が表れてくるでしょう。

ただ部屋をキレイにするだけでなく心の状態も美しくしてくれる掃除の力。ぜひ試して、実感してください。

Written by Gow! Magazine編集部