日本政府観光局によれば、日本を訪れる中国人の数は右肩上がりで増加を続けている。だが、全国の百貨店の免税売上高はすでに減少に転じており、外国人旅行客の消費が鈍ってきていることが分かる。免税売上高をけん引していたのは中国人旅行客であったため、中国人の消費が鈍化していることは明白だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本政府観光局によれば、日本を訪れる中国人の数は右肩上がりで増加を続けている。だが、全国の百貨店の免税売上高はすでに減少に転じており、外国人旅行客の消費が鈍ってきていることが分かる。免税売上高をけん引していたのは中国人旅行客であったため、中国人の消費が鈍化していることは明白だ。

 中国人の爆買いが一時の勢いを失ったの原因はどこにあるのだろうか。中国メディアの和訊網は、円高が中国人観光客の消費額を押し下げていると分析する記事を掲載した。

 記事は、日本を訪れる中国人旅行客が増加しているにもかかわらず、日本滞在中における消費総額は減少していることを指摘し、その原因は円高にあると指摘。確かに爆買いに沸いた15年に比べ、円はすでに対ドルで20円近くも上昇している。価格にシビアな中国人が円高を理由に消費を抑えているというのは想像に難くないことだ。

 また、以前は中国国内で購入することのできなかった製品も、中国の通販サイトで直接購入できるようになっている。中国の百貨店などでも日本製を売りにした日本メーカーの電化製品を購入することが可能だ。中国政府が関税を引き上げた背後には、中国人に国内で消費させるよう促すことが狙いとの見方もある。

 中国人旅行客の爆買いによって恩恵を受けた日本企業は少なからず存在するが、円高が進行した今、価格面での訴求力はすでに失われてしまっている。それでも中国人に旺盛な消費意欲があることは変わらない事実であり、その消費意欲を取り込むためには価格以外の魅力を訴求していく努力も必要になるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)