“近すぎ”の次は“濡れすぎ”、AKB48史上最高の“びしょ濡れ”ライブ開幕(C)AKS

写真拡大

【USJ・AKB48/女子旅プレス】21日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年とAKB48のCDデビュー10周年を記念した「AKB48 グループ選抜“やり過ぎ”サマー」が開幕。すでに屋内で開催中の「やり過ぎ!サマーシアター」に引き続き、23日からはパーク屋外グラマシーパークにて「やり過ぎ!サマーLIVE」のライブがスタートした。

USJハロウィーン、史上最多10の最恐ホラー体験が登場 容赦ない恐怖に大絶叫

この日のライブは、渡辺麻友の「一生分の汗をかきましょう!」という掛け声とともにスタート。「Everyday、カチューシャ」や「ポニーテールとシュシュ」といった夏のヒットナンバーをはじめ、 新曲「LOVE TRIP」などの最新ナンバーも続々と披露され、会場は大盛り上がり。

「真夏のSounds good!」では、メンバー全員が水かけアイテム「ウォーターシューター」を手に持ち、ゲストへ容赦ない水かけ攻撃を開始。

「大声ダイヤモンド」では、メンバーもゲストもびしょ濡れになるAKB48史上最高の“濡れすぎ”演出で、ファンはもちろん、パーク体験とあわせてライブに参加したAKB48ライブ初経験の親子ゲストも大盛り上がりで、夏休み最初の週末を存分に満喫した。

♥AKB48メンバーもアトラクション満喫


ライブの途中には、メンバーがパークでの体験エピソードについてトークを展開。谷口めぐは人気コースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」に搭載されている「『真夏のSounds good!』が聞けて本当に幸せだった」、木崎ゆりあは「ミニオングッズもメニューも全部制覇した」とパークでの満喫体験を報告。

小笠原茉由は、特技であるアトラクション「ジョーズ」の船長のモノマネをしながら「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJAWSで働きたい」と意気込みを語り、ライブのフィナーレには、横山由依が「メンバーとファンが一緒にびしょ濡れになった心に残る1日になりました」と言い、大歓声の中ライブを締めくくった。

なお初日公演には、入山杏奈、岩立沙穂、大森美優、岡田彩花、加藤玲奈、川本紗矢、小嶋陽菜、峯岸みなみ、宮崎美穂、向井地美音、武藤十夢も参加した。

♥「AKB48 グループ選抜“やり過ぎ”サマー」とは


AKB48、NMB48、HKT48、NGT48 および各チームの豪華メンバーが、2016年7月21日(木)〜9月4日(日)の期間中毎日、15周年を記念したやり過ぎの夏にふさわしいライブを開催。

ほぼ毎日、AKB48グループ選抜メンバーが日替わりでパークに登場し、屋内シアターの近距離でメンバーに会える「やり過ぎ!サマーシアター」と、グラマシーパークの大規模スケールで実施される「やり過ぎ!サマーLIVE」の2種類のライブを披露する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■AKB48グループ選抜「やり過ぎ!サマー」


開催期間:2016年7月21日(木)〜9月4日(日)
実施内容:AKB48、NMB48、HKT48、NGT48および各チームの豪華メンバーが期間中毎日、15周年を記念したやり過ぎの夏にふさわしいライブを開催

1.AKB48グループ選抜「やり過ぎ!サマーシアター」/ステージ 14


実施内容:AKB48、HKT48、NMB48、NGT48の豪華メンバーが毎日出演し、AKB48グループのヒットナンバーを熱唱
開催期間:2016年7月21日(木)〜9月4日(日)(1日2〜3回、計112回予定)※8月5日〜7日、8月12日〜14日は非開催

2.AKB48グループ選抜「やり過ぎ!サマーLIVE」/グラマシーパーク


実施内容:AKB48、HKT48、NMB48、NGT48の豪華メンバーが出演し、AKB48グループのヒットナンバーを熱唱
開催期間:2016年7月23日(土)〜9月4日(日)の期間(7月23日・31日、8月17日・21日・24日・28日・9月3日・4日の計8公演予定)