25日、本格的な夏を迎えた韓国のあちこちで、蒸し暑さに不快感を募らせた人々がささいなことから衝突し「クレーム戦争」が勃発している。資料写真。

写真拡大

2016年7月25日、韓国・ソウル新聞はこのほど、本格的な夏を迎えた韓国のあちこちで、蒸し暑さに不快感を募らせた人々がささいなことから衝突し「クレーム戦争」が勃発していると報じた。

その代表例が地下鉄の空調をめぐる「闘い」だ。ソウル地下鉄1〜4号線を運行するソウルメトロによると、今年1〜6月に地下鉄の冷暖房に関して寄せられた苦情は5万9724件、うち8割が4〜6月に集中した。「4月からなぜ冷房をつけるんだ?」とのクレームに始まり、ほぼ常時冷房となる季節には、1車両の乗客から「暑過ぎる」「寒過ぎる」という両論が同時に寄せられることも多いという。

ソウル市内のあるバス停でも、昨年夏から「戦争」が続いている。視覚障害者向けにバスの到着情報が音声で流れるのだが、近隣住民から「案内の音声がうるさい」との声が上がっているのだ。特に窓を開けることの多い夏が近づくと、クレームが増える。昨年来、このバス停は、視覚障害者から「音声が聞こえない」との声が上がれば音量を上げ、住民のクレームが入ると音量を下げる「ピンポンゲーム」状態になっている。

同じソウル市内の路地にある街灯も摩擦を生んでいる。33歳の女性が「毎日通る路地が暗く危険だ」と警察に訴えたのだが、警察は近隣住民への「光害」を懸念し街灯の照度を上げるのは難しいと回答、女性は「光を遮る物を使えばいいのに」と不満げだ。

記事はこうした「闘い」で両者の声を入れる解決法はないとし、これを解決できるのは、「結局は隣人への譲歩と思いやりだけ」と結論づけた。これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「クレームがストレス解消の手段に使われている。残念な現実だ」
「これが今の韓国国民の姿。自分さえよければいい、極端な自分勝手」
「自分がパワハラできるような社会的立場にないから、言いやすい自治体とかに訴えてるんだよ。ほどほどにしてほしいな」

「韓国人はクレームをつけることをずいぶん簡単に軽く考えているようだ。気に入らなければすぐクレーム」
「地下鉄は安全が第一。運転士が1人なのに冷房をつけろとか消せとかいうのはやめるべきだ」
「思いやりが消えた韓国。他人に配慮しても損するだけ。個人主義、物質万能、力と金が最高の社会だ」

「こういう民衆は本当に犬や豚なのかもしれない(韓国教育部の高官が『民衆は犬や豚』と発言したことを受けて)」
「人々の利己主義がだんだんひどくなっている。これからどこまでひどくなるだろう…」
「本当に思いもつかないようなおかしなことでクレームをする人がいるね」(翻訳・編集/吉金)