アデルが映画で女優デビューへ、ナタリー・ポートマン主演作に出演へ。

写真拡大

アデルが、キット・ハリントンとナタリー・ポートマン主演の映画で女優デビューするようだ。

アデルは「ハロー」の監督を務めたグザヴィエ・ドランの新作「ザ・デス・アンド・ライフ・オブ・ジョン・F・ドノヴァン」で脇役ながらも女優デビューを果たすと言われている。

ある関係者はデイリー・スター紙に「アデルは完全な女優になる気はありませんが、ドランとの仕事を楽しみましたし、ドランもアデルならもっとスクリーンで活躍できると感じているんです」と話している。

同作は11歳とのやりとりを「ザ・ゴシップ」いう名の雑誌のジャーナリストに暴露された映画スターの姿を描いた作品。キットとナタリーのほか、スーザン・サランドンやキャシー・ベイツ、ジェシカ・チャステインら豪華俳優陣が出演する話題作だ。

映画内でアデル演じる予定の役柄については明らかにされていないものの、ツアーの休み中に撮影する予定だと言われている。

女優業へも挑戦する様子のアデルだが、つい先日は小説を書いてみたいとの意向を明かしていた。アデルはシカゴ公演中に観衆に対して「本を書いてみたいわね。そういうことが得意というわけじゃないけど、本の書き方を学んでやってみたいの。フィクションをね。どんな内容にするかはまだ分からないわ」と話していた。