【誤報】ポケモンGOがきっかけですべての保護犬に里親が見つかった!というのは誤報だった…

写真拡大

ポケモンGOのおかげでシェルターのすべての保護犬に里親が見つかった?

ポケモンGOをしながら散歩ボランティア

連日大きな話題となっている『ポケモンGO』。プレイヤーが実際に屋外を探索するシステムは賛否両論となっています。

その中で“賛”のニュースとして取り上げられていたのが“ポケモンGOをしながら保護犬の散歩ボランティア”というユニークなアイディア。アメリカ・インディアナ州の都市・マンシーにある動物愛護団体『Muncie Animal Shelter』が実施したものでした。

団体のfacebookで「ポケモンドッグ」と一緒にポケモンを探しに行こう!と、シェルターの犬の散歩ボランディアをポケモンGOのプレイヤーに紹介しています。

そういえばどちらも歩き回るという共通点が(イメージ画像https://www.pakutaso.com/20160638174post-8213.html)

一緒にいたら返したくなくなり里親に、感動的なエピソード

ゲームを楽しみながらボランティアができる、というアイディアは注目を集め、日本でも報道されました。しばらくして、さらに驚きのニュースが。

ポケモンGOのために散歩をしたことがきっかけで、そのまま犬の里親になった人が続出。また散歩の様子をSNSで見た人からも里親希望が寄せられ、シェルターの犬すべてに里親が見つかった、というものでした。多くの人々がその知らせに感動し、広く拡散されました。

団体が誤報であることを伝える

団体のfacebookを見ると「誤報」の文字が

しかし、実際にその団体のfacebook見てみると「misinformation(誤報)」という文字を含む投稿が。
ポケモンGOプレイヤーに向けた散歩ボランティアそのものは実施されていますが、その効果ですべての犬に里親が…というのは、団体と全く無関係のところから流れた誤報だったのです。

こちらの投稿には誤報を知らせる記事の紹介のほか、里親を必要としているペットたちがシェルターにはたくさんいることも伝えています。

we have a shelter full of wonderful pets that need great homes!

Dogs for adoption Muncie Animal Shelter (https://www.facebook.com/MuncieAnimalShelter/photos/?tab=album&album_id=887578794657874)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sawa) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか