ホテルなどの旅行に関する口コミ・価格比較を中心とするサイト・トリップアドバイザーの「旅行者物価指数(トリップインデックス)2016」によると、コストが最もかかるのは米国ニューヨークで、以下、東京、ロンドンと続いた。資料写真。

写真拡大

ホテルなどの旅行に関する口コミ・価格比較を中心とするサイト・トリップアドバイザーが19日に発表した報告「旅行者物価指数(トリップインデックス)2016」によると、コストが最もかかるのは米国ニューヨークで、以下、東京、ロンドンと続いた。7位には香港が入った。中国新聞網が報じた。

一方、コストが最も低い都市ランキングの上位3位はハノイ、ムンバイ、ケープタウンだった。興味深いことに、観光支出指数が最も低かった10都市のうち、東南アジアが4席を占めた。内訳はハノイ(1位)、クアラルンプール(4位)、バンコク(5位)、バリ島(7位)。東南アジア観光のコストパフォーマンスが最も良いことを示している。

同報告では、世界の人気観光都市20都市を対象に、2人で3日間旅行した際に必要な、4つ星ホテルの宿泊代(3泊)、観光地の入場料金(3カ所)、ランチ代(3回)、ディナー代(3回)、タクシー往復代(片道3キロで3回)を調べている。

調査では、世界の人気観光都市20都市の平均観光コストは、約6548元(約10万5400円)。平均コストのデータを見ると、ホテル代がコストの約半分(52%)を占めている。コストがかかる都市ほど、ホテル代が占める割合が高く、コストが最高のニューヨークの場合、7352元(約11万6700円)と、コストの61%を占めている。一方、コストの低い都市ほど、食事代が占める割合が高い。総コストが低いとホテル代が占める割合が低いのに対し、食事代が全体の約半分を占め、ハノイでは50%、バンコク50%、クアラルンプール54%となっている。

観光地の入場料が占める割合を見ると、香港やハノイ、東京は全体の1%以下。一方、モスクワは全体の14%を占めるなど、一部の都市では同割合が高い。(提供/人民網日本語版・編集/KN)