プライド男も骨抜きに…!主導権さえ握れちゃう究極の「褒め方」

写真拡大

プライドが高い男性は、基本的に本当は自分に自信がない人です。頑張ることや社会的な鎧をつけることでそれなりの成果は上げているかもしれませんが、築き上げてきたものを“失ってしまうかも”という恐怖に、いつも怯えていることがとても多いです。

そういう男性を好きになる場合もあるでしょうし、付き合ってから発覚するなんてこともあると思います。そんな男性と戦うことなく、相手も鎧を脱いで、柔らかくしなやかになってくれたら嬉しいですよね。

そこで今回は、数多くの女性の恋愛相談を受けてきた筆者が、プライドの高い男性を柔らかく優しくする“褒め方”についてご紹介します。

■「なんでそんなに凄いんですか?」で主導権を握る

相手のことを褒めることや良くいうことで、その恋愛で自分が主導権を握れます。ここでは、“わざと負けてあげる”という気持ちで、相手を調子に乗せてみましょう。

プライドが高い男性は「上か下か?」で物事を見ていることが多いので、わざと負けてあげることであなたが主導権を握れます。プライドの高い男性もガードを崩せば、取り扱いは難しくありません。

その他にも、「なんでそんなにおもしろいんですか?」や「なんでそんなにかっこいいんですか?」など、「よくわかってるな〜」と思わせたら、相手はどんどん力が抜けていきます。

表面上負けてあげることで、主導権を握ることができるのです。

■「人間的に素敵」と伝えて、味方だと認識させる

プライドが高い男性は他人を「敵か?味方か?」で判断する傾向にあります。なので、まずは“あなたは人間的に素敵だ”ということを表現しながら、相手と関わってみましょう。恋愛感情を出しすぎると下に見られて扱いが雑になってきますし、プライドが高い男性は本当は自らの鎧を脱ぎたいと思っており、鎧を脱げる存在を求めています。プライドが高い男性も、好きな女性の前では生身になります。

ここで大切なのが、男性が自らあなたのことを「手に入れたい」と思うこと。だからこそ、あなたは恋愛感情は出さず、まずは「味方だ」と認識させることで、プライドという名の鎧を脱がせてあげましょう。

プライドが高い男性は敵も多いので、味方であるだけでも愛されます。

■プライドが高い男性は「俺」を褒める

これは男性全般に言えることですが、男性は一般的に「俺」じゃないものを褒められてもあまりトキメキません。例えば「素敵な服ですね」や「その髪型素敵だね」と言われれば女性は嬉しい気持ちになりますが、特にプライドが高い男は、「俺」の付属的なものを褒められてもあまり喜びません。「今日スゴイかっこいいですね」や「センスいいですね」の方が褒められていると認識します。

女性とこのあたりは喜び方やポイントがまるで違うので混乱しがちですが、慣れてくるとわかってくると思うので試してみてください。ポイントはその人に付属するものを褒めるのではなく、「相手の男性そのもの」を褒めること。驚くほどあなたに優しくなってくるでしょう。

さていかがでしたか? 最初は少し意識的やらないと効果を実感できないことが多いですが、やり続けていると自然と男性からの感触が変わってきます。少しずつ試してみてくださいね。

【筆者略歴】

広中裕介・・・恋愛の学校『Love Academy』代表ゆ〜すけ。全国で独自の講座・セミナーを開催。愛する人の世界でいちばん可愛い女になる をテーマに講師の育成、恋愛の楽しさを伝えている。2016年COMMYにてオンラインサロンを開設。

【画像】

※ Olena Yakobchuk / shutterstock