Doctors Me(ドクターズミー)- 感染すると恐ろしい激痛が...手遅れにならないように「ヘルペス」の恐怖を知ってほしい。

写真拡大

感染症である「ヘルペス」には、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの種類がある皮膚疾患として知られています。
誰にでも感染のリスクがあり、発症すると痛みをともなう小水疱の発生や、発熱などの症状があらわれます。

今回はこの口唇ヘルペス・性器ヘルペスについて、医師に詳しく聞いてみました。

ヘルペスとはどんな病気ですか?

「ヘルペス」は、ヘルペスウイルスの感染によって口唇や、性器に生じる感染症で、主な症状は、疼痛をともなう潰瘍性の皮膚疾患です。
疲れたときに口に水泡が出たり、性病としての発症であったり、再発もしやすい病気です。

ヘルペスは以下のような特徴もあります。

・小水疱をともなう
・再発性である
・病変に先行して神経痛や感覚過敏が出現する

また、ヘルペスウイルスには2種類の種類が存在します。
一般には口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス1型」、性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス2型」により引き起こされるといわれています。

ヘルペスは、どのような経路で人体へ感染しますか?

ヘルペスウイルスは人から人へと感染するウイルス感染症であり、粘膜などを介して接触感染していくことが特徴です。

1.口唇ヘルペス
感染者と同じ食器を使用することなどで感染します。

2.性器ヘルペス
性交渉による性感染症として広がります。
近年では性行為の多様化、オーラルセックスにともなって、本来性器ヘルペスであったはずの2型ヘルペスが口唇に発症する例も認められています。

女性がヘルペスに感染した場合、それぞれどのような症状が出ますか?

女性がヘルペスに感染すると、以下のような症状があらわれます。

【口唇ヘルペス】
小水疱が唇周辺に出現し、疼痛をともないます。

【性器ヘルペス】
外陰唇周辺に、蝶が羽ばたくように、左右対称に水泡を伴った潰瘍湿疹が出現し、初発の際、特に強い痛みを感じます。
症状が強い場合、発熱することもあります。

ヘルペスは男性にも感染しますか?

ヘルペスは女性の病気というわけでなく、粘膜を介して男性にも同様に感染します。

治さずにいると、さらに周囲へと感染させたり、パートナーに感染を続けてしまうこともあるため、しっかりと治療する必要があります

医療機関に行くべきか目安、治療方法を教えてください

疼痛が出現する小水疱がある際には、早期に医療機関を受診しましょう。ヘルペスの診断が下ったら、抗ウイルス薬で治療することが多いでしょう。

治療が遅れることにより、神経痛が遷延してしまうこともありますので注意してください。

最後に医師からアドバイス

口唇ヘルペス、性器ヘルペス、どちらにもいえることですが、非常に再発の多い病気だと考えるべきであり、周囲への感染力もあるため、必ず医療機関で診察を受けましょう。

皮膚に疼痛を伴う小水疱のある湿疹をみたら、まずはヘルペスを疑ってみる、という基本姿勢をもつことが大切です。

(監修:Doctors Me 医師)