周りにはナイショ!「キャリアアップ」する人が始めてること5つ

写真拡大

今の会社で働き始めて●年。仕事は楽しいけれど、「そろそろキャリアアップして、もっと責任とやりがいのある仕事をしたい!」と熱望する女性も多いのではないでしょうか?

でも、何も手立てを打たずに「出世したい、キャリアアップしたい」と願うだけで、上司の判断を待つ受動的スタンスではダメ。自分から必要なスキルをどんどん身に付けてアピールしましょう!

「でも、どんなスキルを身に付ければいいの?」という方。もちろん、職種によって必要なスキルは変わってきますが、どんな職種でも共通して必要なスキルはあります!

今回はそんなスキルを、『BizLady』過去記事や海外の経済情報サイト『Moneyning』の記事、そして様々なビジネスエグゼクティブを取材してきた筆者の経験を元にご紹介しましょう!

■1:英語力

キャリアアップのための基本スキルとして思い浮かぶのは語学力。仕事により必要になる言語は異なるかもしれませんが、海外に関わる仕事の場合はとくにどんなシチュエーションでも英語力は必要。

英語力は会話だけでなく読む・書く力も必要。英語学校に通う、家で英語の本や雑誌を読む、海外のテレビドラマや映画を字幕や吹き替えなしで観るなどできることはたくさんあります。

過去記事「語学留学なんて不要!日本にいながら“生きた英会話”を学ぶ絶好の裏ワザ」でお伝えしたように、観光地の近くに住んでいる場合は、観光客に当たり障りのない話題で話しかけて会話力を磨くのもオススメです。

■2:コミュニケーションスキル

過去記事「成功者に聞く!働き女子が“年収1千万円を実現する”ために心すべきこと」でお伝えしましたが、キャリアアップの鍵は「どうやって上司に希望を伝えるか」の交渉能力によるところが大きいもの。

就職後数年で年収1千万円以上を実現した女性は、毎年目標年収を決めて上司に直接「来年の年収●●を実現するには、何を成し遂げればいいのか」聞いたそうです。また仕事が増えたり役割が変わったりしたら、役職名の変更と昇給を交渉してみるのも手。

交渉能力だけでなく、意識して普段の態度や会話を印象よくすることも大事。いくら能力のある人でも上司とのコミュニケーションがうまくとれないのでは出世コースから外れてしまいそう。

コミュニケーションが苦手な人は、プロによるクラスを取ると目からウロコですよ!

■3:ソーシャルメディア・マーケティング

個人的には好きでも嫌いでも、今の時代マーケティングに欠かせないのがソーシャルメディア(SNS)の使い方。マーケティング職だけでなく、エンターテインメント、クリエイティブから普通の会社まで、ありとあらゆる会社がSNSを使って商品宣伝をしている現代、このスキルを身に付けていると重宝されるはずです。

筆者もSNSサイトのビジネス向けの使い方のクラスを受講しましたが、とってもためになりました! FacebookからTwitter、Instagram、YouTubeまで、学ぶことはたくさん。

■4:資格

これは伝統的な方法ですが、キャリアアップはもちろん、キャリアチェンジの際にもぜひ考慮したいのが、新しい職に必要、またはあると重宝される資格を取得すること。

通信教育を受ける、ウェブサイトでクラスを取る、退社後に学校に通うなど、大変ですが頑張れば道は開けます!

■5:IT関係のスキル

今の時代、「何をしたらもっとお金が稼げるか」、「どんな産業が一番将来性があるか」と考えると、それはやっぱりITの世界。コンピューターをいじるのが大好き、という人なら、思い切ってITのスキルを学んでみてはいかがでしょうか。

ウェブデザインやプログラミング、コーディングから、今まで知らなかったソフトウェアの使い方まで、知っていると絶対に出世や転職に有利になるはずのスキルがたくさんあります。

以上、キャリアアップのために身に付けたいスキルについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

「キャリアアップしたいけど……いつ?」なんて手をこまねいているだけではダメ。能動的にスキルを取得したら、積極的にそのスキルをアピールしていきましょう。