23日、参考消息網は記事「人民解放軍が海での戦争準備を加速」を掲載した。中国人民解放軍制服組トップの范長竜氏は先日、南部戦区を視察し、「海上での軍事闘争の準備を細やかに深化させよ」と訓示した。写真は7月上旬、南シナ海における人民解放軍艦隊の軍事演習。

写真拡大

2016年7月23日、参考消息網は記事「人民解放軍が海での戦争準備を加速」を掲載した。

中国人民解放軍制服組トップの范長竜(ファン・チャンロン)中国共産党中央軍事委員会副主席は先日、南部戦区を視察し、「海上での軍事闘争の準備を細やかに深化させよ」と訓示した。南シナ海、東シナ海を念頭に海での戦争をイメージした発言とみられる。

范副主席の発言内容を分析した軍事専門家の杜文竜(ドゥ・ウェンロン)氏は、勝利のための3つのポイントが訓示されたと指摘する。パトロールの常態化により突発事態に備えること、さまざまな戦いを想定して演習を繰り返すこと、戦闘時に最前線で戦える精鋭部隊を作り上げることの3点だという。(翻訳・編集/増田聡太郎)