心理学的に前髪アリは男にモテる!? 男性の心をつかむヘアスタイル

写真拡大

 髪は女性の命。髪が美しい人は、いつの時代もモテるのです。平安時代は、豊かな髪が美しい女性の第一条件でした。また、「男性を魅惑するのに、髪は強力な武器にある」ということが、米国のファッション誌でも取り上げられているくらいです。そこで今回は、顔かたち問わず、心理学的にモテる髪型を紹介します。

■男性ウケは、前髪アリのほうが理想的
 目の真上まで前髪を下ろしてパッツンと一直線にしているのは、目を強調したかったり小顔に見せたかったりする心理のあらわれです。この髪型にしていると、パーツの位置が下側になって、子どもっぽいキュートな印象になります。そのため、男性は守ってあげたいという印象を抱きやすく、好感触を得やすいでしょう。

■前髪を流す場合は左分けに
 女性は、顔の左側(向かって右)に優しさがあらわれると言われます。一方で、顔の右側(向かって左)は強さがあらわれます。右分けの場合、積極的で我が強いタイプの女性に見られるので、こだわりがない場合は左分けが理想です。

■ふんわりヘアで優しい雰囲気を演出
 心理学には、「錯視」という効果があります。実際はそうではないのに、そう見えることです。ふんわりしたヘアスタイルにすると、小顔のように見えるのはその効果によるもの。また、ふんわりヘアは、優しい雰囲気作りにも一役買ってくれます。

■圧倒的に男性から人気があるのは「黒髪」
 ある調査によると、7割もの男性が黒髪好きという結果が出ました。なぜなら、清楚で家庭的、男慣れしていない印象で、女性らしく一歩引いているイメージがあるからです。これは色彩心理にも関係してくることで、黒という色が神秘的で自分を抑えるカラーだからというのもあるかもしれません。男性からすると、女性の魅力を増すのは黒髪なのです。

 「髪は女の命」とは、あながち大げさな表現ではありません。髪型一つで、顔の形、目の大きさ、そして性格やイメージまで変えることができるのです。効果的にヘアスタイルを変えて、恋に活かしてみてはいかがでしょう。
(脇田尚揮)