■連載/35歳から履く大人の靴選び

大人に似合うシューズとは一体どんなものなのかを探る連載企画「35歳から履く、大人のシューズ」。シューズ業界の最前線で活躍するクリエイターの方たちに、現在のお気に入りとおすすめのシューズを紹介していただく。今回登場するのは、シューズデザイナーの鹿子木隆(かのこぎ・たかし)さん。

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

英国・ロンドンで靴作りを学んだ鹿子木さんは、1998年にシューズブランドRhythm Footwear(リズムフットウェア ※現 RFW)をスタート。シンプル&ベーシックなスタイルのなかに独自のカッティングが光るデザインワークが大きな魅力だ。

鹿子木さんが最近休日によく履いているのが、KEEN(キーン)の『UNEEK O2(ユニーク オーツー)』だという。2本のコードとソールユニットの組み合わせによって作られた『UNEEK』。足の動きに合わせて形状が変化するアッパーは、歩行時も足にしっかりとフィットする。『UNEEK O2』は、ヒール部分をクローズドにし、ストレッチ素材のライニングを採用したバージョンだ。

鹿子木さん:足に凄くフィットしてくれるし、歩きやすいんです。靴下も合わせやすいですし、もちろん裸足でも履けます。最初に見たときは、履き口が少し狭いかなとも思ったんですが、実際に履いたら気にならず、むしろフィット感の良さに繋がっているぐらいでした。ファーストモデルより軽量化もされていて、色々な点がちょうどよくなっている印象ですね。キッズサイズの展開があって、ウチの子供も履いているんですが、結講気に入っているようです。履き心地はスニーカーみたいに楽で、水に入ったバシャバシャ遊べるし、通気性があってすぐ乾く。川遊び、海遊び、キャンプなんかにピッタリだと思います。

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り
KEEN
UNEEK O2

鹿子木さん:足に凄くフィットしてくれるし、歩きやすいんです。靴下も合わせやすいですし、もちろん裸足でも履けます。最初に見たときは、履き口が少し狭いかなとも思ったんですが、実際に履いたら気にならず、むしろフィット感の良さに繋がっているぐらいでした。ファーストモデルより軽量化もされていて、色々な点がちょうどよくなっている印象ですね。キッズサイズの展開があって、ウチの子供も履いているんですが、結講気に入っているようです。履き心地はスニーカーみたいに楽で、水に入ったバシャバシャ遊べるし、通気性があってすぐ乾く。川遊び、海遊び、キャンプなんかにピッタリだと思います。

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り 【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

最近のお気に入りは『UNEEK O2』ながら、『UNEEK』シリーズ自体が好きでアレコレ履いているという鹿子木さん。老舗セレクトショップ、OSHMAN’S(オッシュマンズ)とのコラボレーションモデルも所持している。

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

鹿子木さん:ミリタリーをテーマにしたモデルらしいのですが、まずアッパーからソールまでカモフラージュになっているのが単純にかっこいいですよね。よくできているなと思ったのは、アッパーのコード部分にリフレクター糸を織り交ぜているところ。パッと見はよく分からないので日中は普通のカモフラージュなんですが、夜になると表情が変わるんです。凄く面白いですよね。『UNEEK』はいくつかのブランドやショップとコラボレーションをしていますが、どれも個性的で魅力的だなと思います。

実は鹿子木さんはKEENのデザインパートナーでもあり、ここ5年ほどは、毎シーズン、鹿子木さん提案カラーのモデルが展開されている。『UNEEK』にもRFWとのコラボレーションカラーがあり、春夏モデルとしてリリースされている。

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

鹿子木さん:まず2本のコードでできていることを上手く表現したい、立体感を出したいというのがあって、コードのカラーにはっきりとしたコントラストをつけました。それから、タウンでもアウトドアでも履けるカラーで、どちらのイメージにも寄り過ぎないことを意識して、残りの部分にグレとベージュの中間のような色を使いました。自分でも履くんですが、周囲の反応は良いので、上手いバランスに仕上がったんじゃないかと思います。

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

アウトドアショップだけでなく、人気セレクトショップなどでも展開されているKEENの『UNEEK』シリーズ。今季は、野外イベントではもちろん、タウンユースをしている人も数多く見かける。

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

鹿子木さん:アーバンアウトドアとでも言うんですかね? 『UNEEK』は、今の気分、時代感に凄くマッチしているんだと思います。実際に街を歩いていると、男女、世代を問わずに履いている人を見かけますしね。キャンプやトレッキングは、以前よりも身近で気軽に楽しめるものになった気がしていて。その分だけ、タウンとアウトドアの垣根ってなくなってきたと思うんです。どちらのシーンにも違和感なく溶け込む『UNEEK』は、一足持っているとかなり便利なんじゃないですかね? 近頃は暑い時期が長いので、サンダル的なアイテムの活躍する期間が長くなりましたし、ゲリラ豪雨にあっても『UNEEK』なら「まあ、いいか」って思えますしね(笑)

【35歳からの靴選び】シューズブランド「RFW」鹿子木さんのお気に入り

■問い合わせ先
RFW FLAGSHIP STORE
電話:03-6804-7283
http://www.rfwtokyo.com

取材・文・神津文人(こうづ・ふみひと)

カルチャー誌、ファッション誌、モノ誌とメンズ誌の編集部を経て独立。現在はフィットネス関連、スニーカー関連を中心に雑誌やWebメディアで執筆中。『青トレ:青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)にも携わる。

■連載/35歳から履く大人の靴選び