ごめん、オナラまでは愛せない! やめてほしい「妻の悪習慣」4

写真拡大

生活習慣は人によって本当にさまざま。中でも、悪い習慣は、自分ではなかなか気付けないのでやっかいですよね。今回は、やめてほしいと思う妻の”悪習慣”について、男性から聞いてみました。

■女を捨ててる?

・「屁(へ)をこく」(26歳/自動車関連/技術職)

・「歯を磨かないので、口臭がひどい」(37歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「お風呂に毎日入らない」(31歳/その他/その他)

結婚生活にも慣れ、気が緩んできたのか、夫の前で平然とおならをしたり、体を清潔にしなかったり。これでは女性としての魅力を感じることはおろか、一緒に生活する人間としても嫌気がさしてしまいますよね。

■無頓着

・「なんでも出しっぱなし」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「電気を付けたまま就寝」(36歳/建設・土木/技術職)

・「時間にルーズ」(37歳/小売店/専門職)

こちらも生活の慣れからか、電気をつけっぱなしで寝たり、物をだしっぱなしにしたりとルーズな一面を指摘する声も。相手がきっちりしてる人だと、このルーズっぷりにはイライラしてしまうかも。

■感情的になる

・「機嫌が悪いときに物にあたる」(36歳/情報・IT/技術職)

・「すぐに怒る、一度怒ったら機嫌を直すまでに時間がかかる」(39歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「機嫌の悪い時の子どもに対する、言葉使い」(39歳/建設・土木/技術職)

機嫌が悪い時、人に八つ当たりしないだけまだマシ……なんて思っていても、物にあたったり機嫌が悪いオーラを出すことも夫からすればNG。また、自分ではそのつもりがなくても無意識に態度が悪くなってしまっていることもあるようです。

■お酒はほどほどに……

・「夜に飲みに出ることがある」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「飲み歩く」(28歳/建設・土木/技術職)

・「多量にお酒を飲むこと」(40歳以上/通信/事務系専門職)

お酒にまつわる習慣についてのコメントもあがりました。たまにであれば特に問題はないものの、習慣化してしまうと生活に支障が出てくるし、何より経済にも身体にもいいとは言えないですよね。

■まとめ

悪い習慣はできることなら改善したいもの。たまに自分を客観視することも大切ですよね。日常生活をともにしているパートナーは、そういう意味でも貴重な存在。相手からの指摘は素直に受け入れたいですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月8日〜7月10日
調査人数:203人(22歳〜39歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)