22日午後に配信されて以降、若年層を中心に飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が拡大している「ポケモンGO」ですが、初の週末ということもあり、主要な公園は「ポケモンGO」プレイヤーで溢れかえっています。

もはや社会現象、中毒者続出の「ポケモンGO」

「ポケモンGO」は、ポケモンを集めるという収集系のゲームであるため、中毒性があり、多くのユーザーが公園などを徘徊する状況となっています。そうした状況はTwitterを中心に、多数報告されています。


 
若年層が中心ではありますが、中には親子連れで楽しんでいるユーザーもおり、幅広い年齢層に受けている状況が見て取れます。もはや社会現象と言えるでしょう。週末は「ポケモンGOデート」なる言葉も多くつぶやかれていました。
 
ただ、自転車に乗ったユーザーが多く、ランナーとの接触未遂ともとれる状況が多数確認できましたので、危険なプレイは決してしないように注意してください。
 
 
(クロス)