『マフィア帝国 ハバナの夜』T・J・イングリッシュ(著) 伊藤孝(訳) さくら舎

写真拡大

■キューバを食い物にした頭脳派マフィア

昨年7月、アメリカとキューバは双方の大使館を再開。実に54年ぶりに国交を回復した。両国が国交を断絶した1961年当時、世界は米ソ冷戦のさなかにあった。キューバという国は、カリブ海に浮かぶ日本の本州の半分ほどの細長い島国だ。しかし、米本土のフロリダ半島とは、わずか150キロしか離れていない。

それだけに、アメリカにとっては地政学的にも重要な国といっていい。だからこそ米国は、スペインから独立したキューバに莫大な資本投下を行った。鉄道や道路を整備し、砂糖、石油、林業などの生産を拡大させた。第二次大戦後も、クーデターで誕生したフルヘンシオ・バティスタ政権を支援、結果的に独裁体制の強化に手を貸したのである。

だが、こうした巨大な投資を呼び込めた理由はそれだけではない。この本でノンフィクション作家のT・J・イングリッシュが暴露したのは裏社会の暗躍である。とりわけ、52年から59年までの7年間にわたって、キューバの首都・ハバナは驚くほどの経済成長の恩恵に浴した。ラスベガスと肩を並べるような大規模なホテルやカジノ、旅行者用リゾートが建てられた。

その様子はまさに、映画『ゴッドファーザー』のシーンを彷彿とさせる。本文から抜き出すと「豪華なナイトクラブや、そこで演じられるフロアショー、美しい女性たちに加え、一獲千金のギャンブルの魅力がハバナに大量の現金を流し込んでいた」のである。そして、それらを取り仕切ったのがアメリカマフィアのボスたちにほかならない。

■「キューバ革命」が起きた本当の理由

このキューバ裏面史には、多士済々の男たちが登場する。この物語の実質的な主人公といっていいマイヤー・ランスキー。マフィア随一の頭脳派といわれ、バティスタ大統領と組みハバナに犯罪帝国を打ち立てようとする。そんな彼らに魅入られ、キューバへの現金の運び役となる歌手フランク・シナトラ。キューバを視察に訪れた、上院議員時代のJ・F・ケネディでさえハニートラップで取り込まれてしまう。

こうした状況を一変させたのが「キューバ革命」だった。その立役者がフィデル・カストロとチェ・ゲバラである。彼ら革命軍は「打倒バティスタ」の旗を掲げて武装闘争を起こした。最初の蜂起には失敗するが、すぐさまゲリラ戦に転じ、59年1月に革命政権を樹立させる。当初はアメリカと友好的な関係を求めていたが、農地改革で対立。キューバは急速にソビエト連邦に接近し、やがて社会主義陣営の一員になる。

そして62年、キューバ上空を偵察していたアメリカの高高度偵察機(U2)が、核ミサイルらしきものが配備されていることを発見する。アメリカにしてみれば、喉元に短刀を突きつけられたようなものだ。ここから、核戦争のリスクをはらんだ「キューバ危機」がはじまる。ここではケネディ大統領は一転して英雄として奮闘、間一髪で世界的な危機を回避した。

この間、マフィアたちはしぶとく生き残り、余生のなかで地位と財産を守ろうとするが、時代の流れには勝てない。バティスタもキューバを追われ、スペインで72歳の生涯を閉じた。カストロこそ存命だが、今年4月、キューバ共産党大会に出席し「私がここで話すのはおそらく最後だ」と告げ、みずからの役割にピリオドを打った。

(ジャーナリスト 岡村繁雄=文)