ちょっと待って!「会社辞めたい」と思ったらもう一度考えるべき3つのこと

写真拡大

社会人生活を送っていると、ときどき「会社を辞めようかな……」というぼんやりした思いが、脳裏をかすめることがあるのではないでしょうか。希望する仕事や企業に入社しても、忙しかったり、現実と現実のギャップを感じて「こんなはずでは……」と思ってしまう人もいるはず。

しかし、「会社を辞めたい」と思うことは、今の自分を変化させたいと願うからこそわきあがる気持ちとも言えます。ここではそういった思いをポジティブにとらえて、会社を辞めようと思ったときに自分に問いかけるべき3つのポイントをまとめてみました。

今まさに悩んでいる人も、これから社会人になる大学生も、これを心にとめておけば自分の支えになるかもしれません。

■今以上のスキルアップはできる?

まずは会社やセクション内において、自分がどのようなポジションにいるかを再確認しましょう。「会社を辞めたい!」と思ったときは、そういったヒートアップする思いを一度自分の中に落としこみ、冷静かつ客観的に整理することが大切です。

自分の姿だけではなく、先輩や上司の姿を見ながら、今以上のスキルアップが現職で見込めるか考えてみましょう。自分なりの考えで構いません。全体的な視点から俯瞰することで、自分が会社や仕事をどこまで理解しているかを知ることもできます。

特に、日々淡々と業務をこなす人はふと「自分は何をやってるんだろう」という思いに直面することがあるはず。そんな人は、こうした機会を定期的に自分の中に設けることも必要なのかもしれません。

■転職活動を乗り切る体力はある?

次に、より現実的な方向へ視点を向けていきましょう。実際に転職活動を行う上で必要になってくる、持久力や基盤があるかを考えてみます。

在職中でも退職後でも、転職活動は予想以上のパワーを消費してしまします。とくに学生時代の就職活動で経験した、エントリーシートや面接といった関門を再びクリアしなければなりません。そのため、就職活動で大苦戦した人の中には、転職中に息切れを起こしてしまう人もいるかもしれません。これらを乗り越える持久力は転職活動において必要不可欠です。

また、同じく重要なのが経済的な基盤です。こちらも就職活動と同様、交通費など金銭的な出費も出てくることになります。こうした経済的な基盤、そして、精神的な基盤に余裕があるかを見つめ直してみましょう。

businesswoman thinks

■辞めて何をしたいのか?

「会社を辞めたい」「転職をしたい」と愚痴としてネタにすると、ほとんどの人が「辞めてどうするの?」と聞き返されることになります。単純に愚痴の範囲で留まるならばまだ問題はないのですが、「やめて何をするのか」ということは、実際に転職や退職に踏み切った段階で、大きく重要性を実感することとなります。

特に転職活動においては、実際に社会人を経験した上で面接も行うため、転職を決めた理由と、その後のキャリアプランを問われることになります。社会人経験を積めば積むほど、転職時には「2年後3年後にはこうなっていたい」という中長期的なビジョンが必要となってくるでしょう。

転職活動の原動力は、今の状況を良くしたいというポジティブな気持ち。だからこそ「会社を辞めたい!」と思ったときに、「今の自分をどう変えていくか」という点をしっかり見つめることが求められます。

時には自分のキャリアプランをメンテナンスする気持ちで、この3つのポイントを自分に問いかけながら軌道修正してみてはいかがでしょうか。