大会連覇を飾ったアン・ソンジュ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<センチュリー21レディス 最終日◇24日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,553ヤード ・パー72)>
 昨年覇者のアン・ソンジュ(韓国)、菊地絵理香、木戸愛の最終組3人による優勝争いは終盤までもつれ込む接戦に。8アンダーで並んで迎えた最終18番、セカンドショットを約1メートルにつけたアンがバーディを奪取。トータル9アンダーで連覇を達成、通算21勝目を挙げた。
【関連】最終日の戦いを振り返る!LIVE写真館
 今季の「フジサンケイレディス」では最終ホールでダブルボギーを叩き、優勝を逃すショックの大きい敗戦があったアン。ケガもあり「ゴルフをするのが嫌になってしまった」と一時は心が折れてしまっていたという。6月の「サントリーレディス」を棄権してからは韓国に帰国、「クラブも見なかった」と約3週間を休養にあてた。
 そして先々週の「全米女子オープン」で実戦に復帰。「いきなりアメリカのメジャーは大変だった」。難易度の高いコースと強風に翻弄されたが、「ゴルフがまた楽しくなってきた」と世界最高峰の舞台で戦う心を取り戻した。
 そしてその時に風の中で戦ったことで、2日目、最終日と風が舞った伊豆大仁カントリークラブでも「その経験が役に立ちました」と大きなトラブルもなく戦いきり連覇を達成。「本当に嬉しい。好きなコースで好きな大会、すごく幸せです」とこの勝利を心から喜んでいた。
 今週はイ・ボミ、キム・ハヌル、申ジエの今季の韓国3強が全員欠場だったが、賞金女王に2度輝いたアンがいた。先週の優勝は韓国のベテラン、全美貞。ここまで19試合中、12試合で海外勢が優勝している。やはり今季も海外勢が女子ツアーを席巻することになりそうだ。
【最終順位】
優勝:アン・ソンジュ(-9)
2位T:木戸愛(-8)
2位T:菊地絵理香(-8)
4位:成田美寿々(-7)
5位T:全美貞(-5)
5位T:O・サタヤ(-5)
5位T:森田遥(-5)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【女子プロ写真館】百花繚乱!女子プロのプレー写真満載
【連載コラム】キム・ハヌルの素顔
サマンサレディースの会場は美女でいっぱい!スペシャルフォトギャラリー
【ギアコラム】ザックリしない!ダフらない!最新高機能ウェッジ