幸せな気持ちになる…保護されたワンコのほのぼの笑顔がInstagramで人気に

写真拡大

笑顔というのは見る人を元気にするものですが、ワンコの笑顔にもその効果があるようです。

街で出会い家族に

ピットブルのブリンクスは子犬のとき、ニューヨーク市のブルックリンの道端で見つかったそうです。

今の飼い主、ジョンさんが愛犬のデモと一緒に出かけたときのこと。

街中を歩いていたブリンクスはジョンさんたちを見つけると、「やあ」とでも言うようにトコトコと道を渡ってきたといいます。

2匹が仲良くするのを見たジョンさんはブリンクスを引き取り飼い主を探し始めましたが、数か月たっても見つからなかったため自分で飼うことに。

状況に反応して笑顔

当時11か月だったブリンクスは、今年、13歳になるそうです。

その間、毎日のようにジョンさんを楽しませてくれているのがブリンクスのこの笑顔。

ジョンさんは言います。

「ブリンクスは周りの状況に反応して笑うんだ。おやつをもらうときや、朝の挨拶をするとき、寝るときなんかにね。車に乗るとき、太陽の下で寝そべるときにも幸せそうな笑顔を浮かべる」

笑顔にも色々あるようで…。

Instagramのフォロワーは2万2,000人以上の人気。

「可愛い!」「幸せにしてくれる」と、多くの人がこの笑顔に魅了されています。