【夏の挑戦!】麦茶でひんやりゼリーを作ってみた

写真拡大

真夏の暑苦しい夜には、冷房の効いた涼しい部屋で、アイスでも食べながら体を安め、一日の疲れを癒やすのは至福のときであろう。けれでも、そんなことを毎日続けていたら、確実に体に良いはずがない……。夜寝る前にどうしても甘いものが食べたいときに、何か良い食べ物はないかと「教えて!goo」で検索してみると、「寝る前の食欲」という質問を発見! 「チョコよりも飴、飴よりもFRISKなどがオススメです♪」(pink-latteさん)や「オリゴ糖で甘みをつけたヨーグルトを食べてみる」(youserさん)など、たくさんのアドバイスが寄せられるなか、trytobeさんの「冷蔵庫で冷やした麦茶と、こんにゃくゼリーを吸って、腹をみたし、口に甘みを残しましょう」という回答をヒントに、麦茶をゼリーにしてみては?と思い立ち、早速作ってみることに!

■コーヒーミルクでまるでコーヒーゼリー!?

作り方は、麦茶を鍋で火にかけ、そこに砂糖を加え、粉ゼラチンを溶かして粗熱が取れたら、容器に移し、冷蔵庫で冷やし固める。固まったら、器に盛りつけ、コーヒーミルクをかけたらできあがりだ。麦茶の香ばしさがコーヒーのように感じられ、まるでコーヒーゼリーを食べているかのような味わいだ。

詳しい手順は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/29NOsJo

■カロリー控えめ&ノンカフェインで寝る前にもやさしい♪

甘さも自分で調整でき、カロリーも控えめで、コーヒーゼリーと比べてカフェインも入っていないため、寝る前でも体にやさしいデザートである。甘いものが食べたくなったときは、手作りのお茶デザートで、健康管理に役立ててみては?

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)