北京師範大学が出した1950年代と1960年代の合格通知書の写真が、その「レトロ感」からネット上で話題の的になっている。

写真拡大

大学入試の第一次合格発表が終わり、合格通知書が中国全国の受験生に次々と送付されている。北京師範大学が出した1950年代と1960年代の合格通知書の写真が、その「レトロ感」からネット上で話題の的になっている。北京晩報が伝えた。

この合格通知書が発行されたのは、1954年と1965年。かなりの年代物であることから、紙はすでにやや黄ばんでいる。それぞれの通知書には当時の特徴が垣間見られる。1954年に発行された通知書は、縦型・繁体字で印刷されており、1965年のものは横型・簡体字だ。

1954年版の合格通知書には、合格者の氏名や入学手続き期間などの基本情報のほか「本校までの交通費は、自費でまかなうこと。その資金繰りがうまく行かない場合は、補助金を申請することができる」という合格者への案内も載っている。このことから当時の新入生にとって、北京に出てきて進学することは、きわめて長く困難を伴う旅だったことを垣間見ることができる。また、通知書には、「あなたが楽しく、しっかりした気持ちで、祖国から与えられた学習任務を果たすことを希望している」という学生への激励の言葉もあった。

1965年になると、新中国はスピード建設・急成長の時期を迎える。この年の北京師範大合格通知書は、「合格は、国家の需要とあなたの志願にもとづく」と合格者に告げている。この時代は、国内の交通状況がかなり改善されたようで、新入生に合格手続き期間に手続きを済ませるよう呼びかけるほか、「あまり早く来ないように」と注意している。このほか通知書には、南方からやって来る新入生に対して「北京の天気はかなり寒い。綿入れや綿入り掛布団などの防寒衣類を忘れずに携帯すること」と注意喚起し、きめ細やかな心配りを見せている。

50年以上も前の合格通知書がネット上で公開されると、多くのネットユーザーの間でただちに熱い議論が巻き起こった。これらの写真を投稿した北京師範大学公式微信(Wechat)の閲覧人数は、本稿執筆段階ですでに延べ1万人近くに達している。(提供/人民網日本語版・編集KM)