明かりの付け方が意外すぎ!オブジェのようなミニマルデザインのライトがおもしろい

写真拡大 (全4枚)

一見、オブジェのように見えるこのライト。実はその明かりのつけ方が画期的!

・意外な仕組みにびっくり



ひもからぶら下がった木製の球体を引っ張るのかと思いきや…。



下に転がっていた球体をそっと持ち上げるとそのまま浮き上がり、フレームに装着された照明がオン。

2つの球体が磁力で引き合うと、スイッチが入るという仕組みなんです!

・シンプルなデザインも魅力



このユニークなライト「Heng」は、中国のデザイナー、Zanwen Liさんが手がけたもの。

使わない時もお部屋のインテリアにしっくりとなじむ、ミニマルかつ温かみのあるデザインも魅力です。



引き合う2つの球体にそっと触れると、宙に浮いたままゆらゆら揺れ動く様子に、なんだか癒やされそうですよね。

まだ商品化はされていないようですが、今後の展開が楽しみ!

「Heng」の使い方は、ぜひ動画をチェックしてみてくださいね♪



Behance(Heng)

https://www.behance.net/gallery/37848781/Heng

・インテリア(まとめ)