満島ひかりが『ONE PIECE』に帰ってきた。
「私は16年前にワンピースのアニメと映画の主題歌をやっていて、今回、16年ぶりに先輩方の背中を見ることができて、嬉しく思っています」

7月23日(土)、遂に公開された『ONE PIECE FILM GOLD』。その初日舞台挨拶が東京・丸の内TOEIで行われ、劇場版ゲスト声優の満島ひかりが万感の挨拶を披露した。


70を超えたおっさんがこの作品に参加できた


16年前、とは満島ひかりがまだ「Folder5」のメンバーだった頃。TVシリーズと映画『ONE PIECE ねじまき島の冒険』で、主題歌「Believe」を担当。16年が過ぎても『ONE PIECE』の勢いは一向に衰えず、一方、満島ひかりはアイドルから女優へと転身を果たした。

先日発刊された『大ONE PIECE新聞(第2号)』でもインタビューに答えた満島は、「私、役者になったんだ、“麦わらの一味”の隣に呼ばれるようになったんだと思いました。自分の今までの頑張りと、まだまだ大きい背中を見せてくれる先輩たちが、うれしかった」と、自身の「変化」を語っていたのが印象深い。

同様に、ゲスト声優を務めた濱田岳、菜々緒、ケンドーコバヤシ、そして北大路欣也らも、『ONE PIECE』に参加できた喜びを初日舞台挨拶で語った。

濱田「子どもの頃から見ていた作品。その舞台挨拶に立てるということが、特別なことというか、とても感慨深い舞台挨拶だなぁと思って」

菜々緒「この作品に携われるだなんて夢にも思っていなかったことなので、本当に嬉しいです。(菜々緒が演じた、運気を吸い取る能力者の)バカラよりも自分がラッキーなんじゃないかと思って。今日は皆さんのラッキーを吸い取って帰りたいと思います(笑)」

ケンドーコバヤシ「皆さん、僕の『気持ティー』は気持ち悪かったですか? 皆さんの反応が嬉しくって、声も出ません(笑)」

北大路欣也「70を超えたおっさんがこの作品に参加できた、というのが、僕にとっては夢のようなことです。皆さんの笑顔を見て、あぁ、いい作品に出られたんだなぁということを感謝したいと思います」

北大路はさらに、今回の映画の魅力についても言葉を続けた。
「台本を読んで、愛があった。思いやりがあった。欲がいっぱいあるんだけど、キレイな欲じゃないと成功しないんだなあぁというのがよくわかる。今の世の中、いろいろありますけども、そんなものすっ飛ばしてくれるような明るいエネルギーがあったんで、ぜひ、参加したい、と。(実際に演じてみて)こんなスゴイ作品だったのか、というのが実感ですね」

「野郎共へ 女に会って来る 必ず戻る」


もちろん、この日の舞台挨拶では、ルフィ役の田中真弓をはじめ中井和哉(ゾロ)、岡村明美(ナミ)、山口勝平(ウソップ)、平田広明(サンジ)、大谷育江(チョッパー)、山口由里子(ロビン)、矢尾一樹(フランキー)、チョー(ブルック)という、「麦わらの一味」レギュラーキャストも勢揃い。

田中が「お前はおれの大嫌いなヤツらにそっくりだ!」と、劇中の決めセリフを叫ぶと、他のメンバーも同様に劇中でのセリフを披露し、観客を喜ばせた。

その中で、あえて劇中にはないセリフでファンを沸かせたのが、サンジ役の平田広明。“帰ってきた”という意味では、満島ひかり以上にファンが待ち望んだ存在だ。

というのも、先頃ようやくTVシリーズでも幕を閉じたドレスローザ編中盤以降、主要キャラでありながら2年近く登場シーンがなかったのがサンジ。原作では今、サンジの出自を巡る秘密が明らかにされる「サンジ祭り」ともいえる状況だが、TVシリーズはまだそこに追いついていない。

ファンが飢えに飢えていたサンジの声。そんな状況で、平田が披露したセリフが「野郎共へ 女に会って来る 必ず戻る」。

TVシリーズではまだ描かれていない、今後の物語の重要パートを先行披露。「いずれアニメでも言いたいと思います」と続け、この日一番の歓声があがった。

皆様のお力で、ゴールドを、金メダルを取ります


間もなく開幕するリオ五輪と映画のタイトルをかけ、「『ONE PIECE FILM GOLD』、どの色のメダルを狙いますか? タナカさん」と司会から振られ、反応したのが主人公・ルフィを演じる田中真弓と、敵海賊「タナカさん」役を演じた濱田岳。どちらが答えるべきかで譲り合い、笑いを誘った。

「ゴ、ゴ、ゴールドです!」と詰まりながら叫んだタナカさんこと濱田岳。
「そりゃぁ、ゴールドでしょう。皆様のお力で、ゴールドを、金メダルを取ります」と力強く宣言した田中(真弓の方)。

最後はそんな田中の首に、北大路欣也が金メダルをかけて観客を盛り上げ、初日舞台挨拶は幕を閉じた。


世界33の国と地域での公開も決定したという『ONE PIECE FILM GOLD』。この夏、全国743スクリーンという邦画史上最大規模のスクリーン数で上映される。
(オグマナオト)