Doctors Me(ドクターズミー)- 《専門家に聞く》プレママからできる!垂れないためのバストケア

写真拡大

出産後、妊娠前より胸がしぼんでしまった、垂れてしまったというのはよく聞く話ですよね。できれば産後も、妊娠前のような張りのあるバストをキープしたいものです。

体形や体質などにより個人差はありますが、妊娠中からバストケアを意識した生活を送ることで、形の整ったバストを保つという可能性を高めることができるのです。今回は、その方法をお伝えしましょう。

産後に胸が垂れてしまう原因を教えて!

クーパー靱帯」と呼ばれる、胸を支えている靭帯が緩んでしまうことが、主な原因の一つと考えられています。この靱帯は、一旦伸びきってしまうと後からのケアで元に戻すことがなかなか難しいとされています。

その対策とは?

妊娠中のバストケアとして重要なのは、主に「マタニティブラの着用」と「バストの保湿」の2点です。

マタニティブラには、クーパー靱帯が伸びきるのを予防してくれる役割があります。自分の体に合ったマタニティブラの着用が大切です。通常のブラでしばらくのりきろうとする妊婦さんもいるようですが、将来の胸の形のためには、好ましいこととは言えません。
妊娠後、胸が膨らんできたなと思ったら、早めにマタニティブラに切り替えることをオススメします。

また、バストの皮膚のハリを保つためには、保湿も重要です。妊娠中でも使えるローションなどを使用し、バストを優しく保湿してあげましょう。

その他、胸が垂れないために妊娠中に気をつけた方がよいこととは?

まず、不用意なバストのマッサージは禁物です。妊娠中はバストが急激に変化し、人によっては痛みを伴う場合もあります。特に、乳頭付近は刺激を与えると子宮が収縮してしまうことも考えられます。バストのマッサージは、産科の主治医や助産師などの指導のもと、産後に行うようにした方がよいでしょう。

また、妊娠中に必要以上に体重を増やしすぎないことも大切です。妊娠に伴う自然な体重増加以外で胸に脂肪が多量についてしまうと、その重さで垂れてしまう可能性があります。栄養バランスに配慮するなどして、健康的な生活を心がけるようにしましょう。

医師からのアドバイス

妊娠中はバストだけでなく、出産準備のために体中が様々に変化する時期です。そのため、バストのケアだけに集中することはなかなか難しいと思いますが、負担のないよう、基本的なバストケアを生活に取り入れ、卒乳後も美しいバストを目指したいですね。

(監修:Doctors Me 医師)