23日、「飛び込み王子」ことティエン・リャンの驚きのろう人形が、重慶市に誕生した「マダム・タッソーろう人形館」に登場した。

写真拡大

2016年7月23日、「飛び込み王子」ことティエン・リャン(田亮)の驚きのろう人形が、重慶市に誕生した「マダム・タッソーろう人形館」に登場した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

男子高飛び込み競技で、シドニーおよびアテネ五輪で金メダルを獲得。国宝級アスリートであり、アイドル的な人気を誇った「飛び込み王子」ティエン・リャンはその後、ルックスの良さを生かしてタレントに転身。ドラマやバラエティー番組で人気を集めている。

ティエン・リャンの故郷・重慶市に誕生した中国5番目となる「マダム・タッソーろう人形館」で23日、ろう人形の除幕式が行われた。驚きだったのは人形のポーズで、現役時代のティエン・リャンの飛び込み姿を捉えたもの。あまりのリアルさに、ティエン・リャン自身が驚きの声を上げていた。

人形を見たティエン・リャンは、「五輪に出場した時の緊張と興奮が、思わずよみがえった」とコメント。間もなく開幕するリオ五輪で、飛び込み競技は室外プールで行われるため、気温と水温に選手が適応できるか心配しているとのこと。出場する後輩たちに向けて、「1つでも多くのメダルを目指してほしい」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)