写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PHPデベロップメントチームは7月21日(米国時間)、複数の脆弱性を修正したサポートブランチのそれぞれの最新版を公開した。PHPデベロップメントチームはすべてのユーザに対してそれぞれの最新版へアップグレードすることを推奨している。

公開されたバージョンはそれぞれ次のとおり。

・PHP 7.0.9 Released
・PHP 5.6.24 is released
・PHP 5.5.38 is released

PHP 5.5系の最新版となる「PHP 5.5.38」はPHP 5.5系の最後のバージョンになることが予定されている。今後、5.5系に脆弱性が発見されたとしても新しいバージョンがリリースされることはないため、PHPデベロップメントチームはPHP 5.5系を利用しているユーザに対してPHP 5.6系またはPHP 7.0系へアップグレードすることを推奨している。

PHPデベロップメントチームは同日、次のリリースへ向けた初のベータ版となる「PHP 7.1.0 Beta 1」も公開しており、すべてのユーザーに対して同バージョンのテストに参加して欲しいと呼びかけている。

(後藤大地)