婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上。今回の男性は52人目の男性Jさん。当時の私は34歳、彼は2歳年下の32歳でした。彼はとてもありがたいことに同年代か年上を希望していて、奇跡に近い案件でした。

でもやっぱりうまくはいかないものです。

1回目のお見合い当日、彼はアバクロTシャツ&ダメージデニムのリュック姿で現れ、その姿はまるで学生!? 軽いノリが何とも違和感を感じました。仕事はマーケティングの企業で働いているとのこと。信じられないくらいカジュアルな姿に、働く姿は想像できませんでした。

※ここまでの話はコチラ

2回目のデートは六本木にあるカフェでした。今回も彼の指定。六本木という時点で、外国人かぶれな彼にはぴったりの気がしました。店内には外国人がたくさんいて、カフェというよりバー!? カウンター席に腰を掛ける程度の椅子しかなく、落ち着けない雰囲気にやや戸惑いました。彼はそんな事はお構いなしで店内に入ると、コーヒーを2杯頼み、私に1杯渡してきました。

「まゆ子さん、オレとのお見合いエンジョイできたんだ〜! もうNGだと思っていたからサプライズだったよ……」

彼はそういうと、また軽いノリで話を始めました。

「そうだ! まゆ子さん、オレのことJさんって呼んでるけど、これからは『ジョン』でいいよ〜」

「え??」

私がびっくりしていると、

「アメリカってニックネームがあるだろ? 当時『ジョン』って呼ばれていたんだ〜」

どこまでも外国かぶれ。『ジョン』なんて呼ぶ方が恥ずかしいよ(笑)。

「ところでまゆ子さんって、何でお見合いしてるの?」

突然、こちらが聞きたかった質問を彼からされました。

私は職場や友人のつながりでは出会いがなく、そろそろ周りの友人も結婚しているし、自分も結婚を意識しだしたから。親からもプレッシャーがあって……なんて話も伝えると、

「オゥ! ペアレンツからのプレッシャー!? ミートゥ〜♪ うちなんて姉と妹がいて、2人とも結婚して子どもがいるから、オレにも早くしろって言うんだよね。親がもう夫婦でのんびり暮らしたいだけだと思うんだけど(笑)」

「それで結婚相談所の登録を? Jさんってグローバルだし……あ、ジョンさんか? 友達も多そうだし、出会いもありそうだけど?」

すると、彼は語りだしました。

「いや〜、オレさ、日本じゃなぜかモテないんだよね〜。アメリカではこれでもけっこうモテたんだけどな。オレのこのグローバルな発想についてこれないのかな(笑)。女友達も多いし、誰とでも仲良くなれるから、特定の人ができにくいのかも……そう思って、確実に結婚したい女性に出会えると聞いた相談所に登録してみたんだ〜」

日本では浮いてしまう姿が想像できて思わず納得(笑)。そして、やっぱり所々で海外話が出てくるところが気になってしまいました。

それにしてもここのお店、店内はザワザワしているし、椅子は座りにくいし、あまりに居心地が悪い……、私は気持ちを落ち着かせるためコーヒーばかりをすすってしまいました。

するとやっぱりトイレが近くなってしまい、しばらく化粧室へ。そして帰ってくると彼の姿がない……。

あわてて店内を見回すと、なんと奥にいる外国人のグループに入って話をしているじゃないですか!!

さらに彼は手招きをして私をそのグループに呼ぶと……、

「シー イズ マイガールフレンド!」と話始めるのです。

私は愛想笑いをするしかできず……。彼が英語を話せることはわかったけど、その居心地の悪さにすぐに帰りたくなってしまいました。

5分くらいそのグループにいたでしょうか? 私がもう行こうと声をかけると、Jさんは「そうだな」と言って、彼らに別れを告げたのです。

カフェを出ると、彼はそのまま私の肩に手を回してきました。私は一瞬ドキッとしましたが、あまりに突然のことで振り払ってしまいました。いくら何でも馴れ馴れしい……。

すると、その直後に突然の爆弾発言をしてきたのです。

2回目のデートでカフェバー……ラフすぎる雰囲気に全く馴染めない私。

「まゆ子ちゃん、ホテル行こうか!?」

私はあまりに突然で、ストレートな言い方に腰を抜かしそうになりました。彼はまた肩に手を回して、耳元でささやくのです。

「まゆ子ちゃん、オレのこといいと思ってくれているんでしょ? 結婚前提で付き合うとなると身体の相性ってすごく大事だよね! とりあえずトライしてみようよ♪」

その強引な誘いに、私は頭が真っ白になりました。

「いや、まだ付き合ってもないのに無理です……」

私がもう一度肩から彼の手を振り払うと、彼は、

「じゃあさ、今から付き合おうよ。そしたら問題ないだろ?! お互い結婚したいと思っているんだし、もうオレたち若くないし。勢いって大事だよ。いい大人なんだし、こうやって始まる恋愛もアリでしょう……」

彼の発言がもう「早くやらせろ!」と言っているようにしか聞こえず、私は今すぐ逃げ出したくなりました。

「ごめんなさい! 私はそんな気持ちになれないんで、帰ります!!」

そう言って、私はとりあえず走りました。彼は追って来ませんでした。しばらくすると着信がありましたが、それ以上の連絡はありませんでした。

私は家まで逃げるように帰りました。家に帰るとベッドに倒れこみ、そしてまた涙があふれてきました。

彼に対する怒り
自分のあいまいな気持ち
焦り
不安……

「私、また何をやっているんだろう」

外国かぶれをしている私の女友達だったら、確実にホテルに行っていただろうな。彼女も以前「結婚なんて一生の相手を決めるんだよ! 身体の相性は一番大事でしょ」なんて言っていたことを思い出しました。これがグローバルな発想なのか!?

自分をそういう対象にしか見られていないことにもショックを受けました。

露出がある服を着ていたわけでもないし、酔っぱらっていたわけでもない、会話が盛り上がりこのままホテル行っちゃう〜? なんて勢いがあったわけでもない……なのに誘われたってことは、もうそういう対象にしか見ていなかったのかな……なんてことまで考えてしまい、それだけで泣けてきました。

彼が言った「もう若くないだし、大人なんだし……」という言葉も引っかかっていました。確かに34歳って若くない。でも、だからって軽い女にならないといけないの!? 

この日からまた、しばらく婚活をする力がなくなりました。

相談所の担当者には、後日こんなことがあったという話を報告しました。その方は、そんなことがあったらすぐに相談をしてほしいと言ってきました。彼にはきちんと注意をしておくから、また一緒に婚活を頑張りましょうと声をかけてくださいました。

ここで教訓 >> 婚活に正しいスタイルはない。自分のペースで、焦らず進めば結果はついてくるから

相談所の方はこう言いました。でも正直、自分がどういう気持ちでこれから婚活をすればいいのか、またしてもわからなくなってしまったのです。

■プロフィール

 まゆ子

PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身。
見た目は目鼻立ちくっきりの美人で北川景子似。(良く言えば)
神奈川県にある私立女子高校を卒業後、都内の有名女子大を卒業。
婚活歴6年。出会った男性は100人以上!
ちなみに趣味は最近始めたヨガ。特技はピアノと人間観察。
ファッションは大人かわいい系。メイクはナチュラル。ヘアスタイルはボブ。身長は155僉

<男性のタイプ>
男性のタイプは、そこそこの大学を出て、そこそこの一般的な企業に勤めていればOK。
年齢は40歳以下の未婚を希望。オシャレに越したことはないけど、普通のセンスならいいかな。
理想を言えば、相手に尊敬する部分があり、自分をリードしてくれる人。身長は170儖幣紊蚤世辰討覆た諭